カテゴリー「昆虫(その他の幼虫)」の2件の記事

2011年1月29日 (土)

ラクダムシ(Inocellia japonica)の幼虫

 今日は、前回(「マツカレハの幼虫(越冬中)」)のなかで、「一寸この辺りでは珍しいと思われる虫」と書いた虫を紹介します。ラクダムシ(Inocellia japonica)の幼虫です。マツカレハの幼虫と同じく、七丁目にあるアカマツの樹皮下(樹皮中)に居ました。調べてみると、この幼虫はマツの樹皮下で見付かることが多い様です。

_l_110111_029
アカマツの樹皮中に居たラクダムシの幼虫
遠くから見るとまるでムカデの様
(写真クリックで拡大表示)
(2011/01/11)

 体長は20mm強、見付けた時は、色合いからムカデの仲間かと思いました。老眼なので肉眼では脚が良く見えなかったのです。しかし、マクロレンズで覗いてみると、脚は前の方に3対、その後には脚が無く、明らかに昆虫の幼虫でした。何処かで見た虫だと思ったのですが、良く憶えていません。暫くしてから、漸くラクダムシの幼虫であることを思い出しました。
 これまで、この辺り(東京都世田谷区西部)でラクダムシを見た明確な記憶はありません。小学生の頃に見た様な気もするのですが、果たして地元であったのか、旅行先だったのか、ハッキリしません。
_l_110111_067
横位置でラクダムシの全体像をどうぞ
体長は20mm強
(写真クリックで拡大表示)
(2011/01/11)

 「東京都本土部昆虫目録」を見ると皇居や大田区で記録がありますし、「東京都の昆虫」(小石川植物園)や「どっこい生きてる」(新宿の公園)にも載っていますから、決して稀な虫ではない様です。
 フッカーS氏の「どっこい生きてる」の「ラクダムシの幼虫(2010/10/30)」には「東京のほぼど真ん中の都市公園で、ありふれたプラタナスの樹皮下からこんなにラクダムシの幼虫が見つかるってのは、意外でした。それとも、今年は発生数が多いってことなのかも? 中には1本の幹から幼虫が6匹も見つかるプラタナスもありました」とあります。今年は数が多く、それでこの辺りでも見付かったのかも知れません。
_l_110111_073
同じ様な写真をもう1枚
(写真クリックで拡大表示)
(2011/01/11)

 ラクダムシは、北隆館の新訂圖鑑ではラクダムシ目に属しており(これより古い保育社の昆虫図鑑では脈翅目ラクダムシ亜目)、この目にはラクダムシ科(Inocelliidae)とキスジラクダムシ科(Raphidiidae)の2科しかありません。前者は単眼を欠き、縁紋は小脈によって2分されないのに対し、後者は単眼を持ち、縁紋は小脈により2分されることにより区別出来ます(Bugguide.netに拠る、北隆館の圖鑑でも基本的に同じ)。
 ラクダムシ目は種類数の非常に少ないグループです。日本では、上記の2科にラクダムシとキスジラクダムシがそれぞれ1種ずつ居るだけです。日本に生息しない目(分類単位の目:Order)はありますが、日本に産する目で1目2科2種と云う種類数の少ない目は他にはありません。
 キスジの方は珍種の様で、徳島県立博物館の「博物館ニュース No.79」には「採集記録が少なく、以前は本州中部からしか記録されていませんでしたが、最近、北陸地方や新潟県、紀伊半島、中国地方、九州などにも分布することがわかってきました。徳島県では、上勝町高丸山や剣山系のいくつかの場所で採集されています。キスジラクダムシは海抜1,000~1,500mぐらいの、広葉樹の多い地域で得られていますが、いずれの場所でも得られた個体は極めて少ないものです」と述べられています。
 なお、Acleris氏の「いもむしうんちは雨の音」(非常に信頼できるサイトです)に拠ると「ラクダムシ目には日本には従来ラクダムシとキスジラクダムシの2種類しかいないことになっているが、2種類にはそれぞれに別種が含まれていて、本当はもっとたくさんの種類に分かれるそうである」とのことです。出典は書かれていないので分かりません。
_l_110111_060
先端に近い台形の少し白い部分は頭楯、その先の四角いのは上唇
両脇の黒いのが大腮(大顎)、一番外側の枝状の構造は触角
その内側の類似の構造が小腮鬚で一番内側のは下唇鬚
触角基部の少し後側面に黒い単眼が1個見える
(写真クリックで拡大表示)
(2011/01/11)

 ラクダムシの幼虫は普通に脚で歩行する他、尾端に何らかの構造があって、これで尾端を固定して尺取虫の様な動きをすることが出来ます。急激に体を後退させることも可能です。残念ながら、この動きをするところは撮影出来ませんでした。
 また、ラクダムシは非常に平らな虫なのですが、どうした訳か、普通ならば必ず撮るはずの横からの写真を撮っていませんでした。最近は、少しボケて来たのかも知れません(まだそんな年ではないのですが・・・)。
_l_110111_058
斜めから見たラクダムシの頭部
(写真クリックで拡大表示)
(2011/01/11)

 ところで、ラクダムシの名称の由来ですが、独立行政法人-森林総合研究所関西支所の研究情報79号(Feb 2006)の「ラクダムシ」にその起源が書かれていました。少し長いですが、引用すると「この虫のドイツ語名Kamelhalsfliegenから来た名前らしいです。Kamelがラクダ、halsは首、fliegenは羽虫という意味ですが、「ラクダの首」とは何でしょうか。実は成虫の前胸(前羽の付け根から頭部までの部分)が細長くのびているのがこの虫の特徴で、成虫は静止するときにこの前胸を上方に傾けて頭部を持ち上げる性質があります。このときの格好がラクダに似ているので、前胸をラクダの首になぞらえてこの名前が付いたらしいのですが、ちょっと首をかしげたくなるような由来です。ちなみに英語ではsnakeflyといいますが、日本にはこれの直訳のようなヘビトンボという名前の虫が別にいるので、少しややこしいです」とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

コクヌスト科?の幼虫

 先日掲載した「キハダエビグモ」を撮影していたとき、樹皮下に奇妙な幼虫を見付けました。体長約4.5mmの扁平な芋虫状で、頭部は赤褐色、お尻にハサミムシの様な同色の突起が1対あります。
 小さい幼虫ですが、幸いこの日はテレプラスを持っていたので、普段よりは少し高解像度で撮ることが出来ました。

_l_100222_078
コクヌスト科?の幼虫.大きな顎が見える
プラタナスの樹皮下に潜んでいた
体長は約4.5mmと小さい
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 ファインダーから覗いていると、お尻は動かさずに上半身を彼方此方に向けて何かを探っていました。殆ど移動はせず、一体何をしているのかは不明です。お尻のハサミで樹皮を挟んで体を固定しているのかと思いましたが、3枚目の写真を見るとそうではない様です。
 撮影中に大きな顎が見えたので、甲虫の幼虫と思われます。しかし、今までに見たことのある如何なる幼虫とも異なり、その正体が何なのか、全く見当が付きません。
 そこで、家に帰ってから北隆館の古い幼虫圖鑑で、甲虫の部分を1ページずつ見て行くことと相成ります。すると、お尻にハサミを持つ幼虫は色々な分類群に亘って存在することが分かりました。
_l_100222_090
赤褐色の尾部突起を持つ.突起にキカワムシ幼虫の様な歯は見えない
第1胸節背面は赤褐色を帯び、第9腹節背面には
鱗翅目幼虫の肛上板の様な赤褐色の部分がある
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 その中でハサミの形が一番良く似ていたのはアカハネムシ科の幼虫で、また、キカワムシ科幼虫にも大きなハサミがあります。しかし、圖鑑には余り多くの種類は載っていません。そこで、BugGuide.netでアカハネムシ科やキカワムシ科の幼虫を探したところ、沢山の写真が出て来ました。
 これらの写真を見ると、アカハネムシの幼虫に共通する特徴としては、頭がもっと横に膨らんでおり、第8腹節の長さは幅よりも大きいことが挙げられます。また、キカワムシ科幼虫の尾部突起(お尻のハサミ)は、形や程度は種により様々ですが、何れも歯を持つ様です。
 これに対し、写真の幼虫の第8腹節は他の腹節と同じで長くはありません。また、尾部突起には木屑が付いていて不明瞭ですが、キカワムシ幼虫の様な歯は持たない様に見えます。
_l_100222_060
お尻は動かさずに上半身を彼方此方に向けて
何かを探っている様に見えた
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 写真の幼虫の頭部には、縦に走る長い溝(頭蓋縫合線)が明瞭です。また、第1胸節は第2~3胸節とは違って赤褐色を帯びており、第9腹節の背面には、鱗翅目幼虫に見られる肛上板(こちらの最後の写真を参照)の様な、かなり濃い赤褐色の部分があります。
 これはアカハネムシ科やキカワムシ科の幼虫には見られない特徴です。どうも、写真の虫は、これらの科の幼虫とはかなり異なる様です。
_l_100222_100
頭部はアカハネムシ科幼虫の様に横には拡がらない
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 アカハネムシ科とキカワムシ科は共にヒラタムシ上科異節群に属し、近縁の科が沢山あります。その多くは、日本産が僅か1種とか数種しか居ない非常に小さな科で、それらの幼虫は北隆館の圖鑑には載っていません。写真の虫は、或いは、これらの科の何れかの幼虫かも知れません。
 そこで、それらの近縁科の幼虫写真を探していたところ、偶然にもFlickr(フリッカー)で写真の虫とソックリなものを見付けました。上に書いた写真の虫の特徴をチャンと持っています。ヒラタムシ上科ではなく、カッコウムシ上科コクヌスト科(Trogossitidae)マルコクヌスト亜科(Peltinae)のAncyrona sp.の幼虫とされていました。
 写真を投稿したのはA. Zaitsevと云う方です。BugGuide.netにある自己紹介を見ると、ファーストネームはArtjom、国立?モスクワ教育大学(Moscow Pedagogical State University)の研究者で、甲虫類の幼虫が専門だそうです。Net上には、色々怪しげな人や愉快犯が居るので注意が必要ですが、Google Scholarで検索すると、ロシア昆虫学会誌(Russian Entomological Journal)に投稿したベニボタル科の幼虫に関する論文が1報だけ見付かりました。Flickrに載っている写真は非常に整備されていますし、信用しても良さそうです。論文が1報しかないのは、まだ若い人なのかも知れません。
_l_100222_094
体は扁平.頭部中央を縦に走る溝がある
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 北隆館の圖鑑を見ると、コクヌスト科の幼虫は3種載っています。しかし、尾部突起は写真の幼虫より何れもずっと小さく、余り似ているとは言えません。Web上でコクヌスト科幼虫の画像を検索すると、この科の幼虫は形態的にかなりの幅を持つ様です。支那のサイトに、写真の幼虫とソックリなものが見付かりましたが、残念ながらコクヌスト科の未同定種となっています。
_l_100222_097
同じ様な写真だが、オマケにもう1枚
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 もう結論を出さなければいけません・・・。基本的に情報不足ですが、A. Zaitsev氏に敬意を表してコクヌスト科の幼虫とし、「?」を付けておくことにしました。
 今日の記事は、科の判定に関してかなりの不安があります。普通ならば、こう云うハッキリしないものはお蔵にしてしまいます。しかし、この手の甲虫の幼虫写真はWeb上には多くないので、読者の参考の為、掲載することにした次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)