« ツチトビムシ亜科の1種(Isotominae gen. sp. | トップページ | オオツマキヘリカメムシ(Hygia lativentris)(雄) »

2011年5月 6日 (金)

ヨツモンホソチャタテ(Graphopsocus cruciatus)の幼虫
(終齢=6齢)

 東日本大震災から2ヶ月が過ぎようとしています。私個人や住居には何らの被害もなかったのですが、その後、些かの問題が発生して、Weblogを書く時間が無くなってしまいました。昨日、今日と2日休んで、また、明日からこれまでやっていた作業の再開です。今日中に、このWeblogも更新しておかないと、次は何時になるか分かりません。
 今年は、1月と2月に一度ずつ虫撮りに出かけただけで、3月以降はサッパリです。そこで今回は、昨年の3月に撮ったチャタテムシの幼虫を紹介することにしました(写真も昨年の内に調整済みです)。このチャタテムシの幼虫は、これまでとは違い、種類と齢が判明しました。ホソチャタテ科(Stenopsocidae)に属すヨツモンホソチャタテ(Graphopsocus cruciatus)の6齢(終齢)幼虫です。

_l02_100322_208
「三丁目緑地」に居たヨツモンホソチャタテの終齢幼虫
有翅チャタテムシは6齢が終齢
(写真クリックで拡大表示)
(2010/03/22)

 体長は、2頭居ますので、約1.9mmと2.3mm、撮影したのは「三丁目緑地」の北西部にある泉の近くです。1本の木に、数種類のチャタテムシの成虫、幼虫が相当数潜んでいました(しかし、何故か今年は殆ど居ませんでした)。
_l02_100322_193
2頭で大きさが少し違うが、翅芽の先端は
何れも腹部の真ん中辺に達している
(写真クリックで拡大表示)
(2010/03/22)

 撮影した時は種類も齢も分かりませんでした。しかし、我が家のトベラの葉裏に居たチャタテムシの成長を卵から成虫まで観察した結果(本稿末尾を参照)、ヨツモンホソチャタテであることが分かり、今日のチャタテムシ幼虫がその終齢幼虫と同一の特徴を持つことが分かったのです。
_l02_100322_095
大きな方の個体.体長約2.3mmだが、頭幅(本文参照)は
約0.59mmともう一方より狭い
(写真クリックで拡大表示)
(2010/03/22)

 少し前まではチャタテムシが一般に何回脱皮して成虫になるのかも良く分かりませんでした。庭のチャタテムシを見てヨツモンホソチャタテは6齢が終齢であることが分かりましたが、これがチャタテムシ一般に通用すると云う確証はありません。
 この問題は、その頃に英国の古本屋から取寄せた「Handbooks for the Identification of British Insects」の一冊である「Psocoptera(噛虫目=チャタテムシ目)」を見て解決しました。長翅の種類では多くの場合6齢で、無翅や短翅の種類では齢数がもっと少なくなるとのことです。
_l02_100322_208p
小さい方の個体.脱皮後あまり時間が経っていないらしく
額の色は上の個体より薄いし、腹部は少し縮んで見える
体長は約1.9mmだが、頭幅(本文参照)は
約0.62mmで上の個体より広い
(写真クリックで拡大表示)
(2010/03/22)

 チャタテムシ幼虫の齢の違いを知るには、翅の原基(翅芽)の発達程度を見るのがよい様です。尤も、前掲書に拠れば、翅芽は3齢から認められるそうですので、翅芽では初齢と2齢の区別は出来ません。
 一般的に、翅芽の先端が腹部の中央付近に達していれば、終齢と判断して良い様です。但し、腹部は脱皮後の成長に伴って長くなりますから、あくまでおおよその判断です。
_l02_100322_130
正面から見た2番目の個体.何時見てもチャタテムシの顔は面白い
(写真クリックで拡大表示)
(2010/03/22)

 腹部は伸長しても、頭の外骨格は固く結合しているので、頭幅は脱皮しない限り(殆ど?)変化しません。芋虫・毛虫等の齢も、頭幅で推定することが出来ます。
 昆虫学に於ける「頭幅」の一般的な定義は良く分かりませんが、チャタテムシの場合、写真で測定するのに便利なのは、左右の複眼の外側の端から端までです。此処では、それを「頭幅」と呼ぶことにします。
_l02_100322_142
斜めから見た最初の大きな個体
(写真クリックで拡大表示)
(2010/03/22)

 今日の写真の2頭の頭幅を測定してみると、大きな個体(体長2.3mm)の方が小さくて約0.59mm、小さい方(体長1.9mm)では約0.62mmです。昨年、我が家で測定した終齢幼虫の頭幅は約0.60mmでしたから、0.60mm前後が終齢(6齢)幼虫の頭幅と言えるでしょう。
_l02_100322_143
同様に撮影した2番目の個体
(写真クリックで拡大表示)
(2010/03/22)

 ヨツモンチャタテの卵から成虫までの成長記録は、もう一つのWeblog「我が家の庭の生き物たち」に以下の様に掲載されています。御笑覧下さい。

   内   容      掲 載 日     撮 影 日
  卵と初齢幼虫    2010/03/13   2010/02/25,03/12
   2齢幼虫     2010/03/23   2010/03/22
  3、4齢幼虫    2010/04/19   2010/04/10
   5齢幼虫     2010/04/25   2010/04/18,20
   6齢幼虫     2010/04/29   2010/04/20
    成 虫      2010/05/11   2010/04/20,24

|

« ツチトビムシ亜科の1種(Isotominae gen. sp. | トップページ | オオツマキヘリカメムシ(Hygia lativentris)(雄) »

昆虫」カテゴリの記事

昆虫(チャタテムシ)」カテゴリの記事

コメント

 SAYAさんへ.

 写真のチャタテは無翅形のチャタテムシではなく、有翅形の終齢幼虫です。また、このヨツモンホソチャタテが属すホソチャタテ科やケチャタテ科のチャタテムシは、木本植物(常緑でしか見たことがありません)の葉裏に生息し、ポストなどに留まっていることはありません。

投稿: アーチャーン | 2011年12月 2日 (金) 16時54分

初めてサイト見させていただきました。
無翅虫のチャタテさんですね!
ポストでよく見かけます。
今は更新をお休みされてるみたいですが、新しいもの期待してます!

投稿: SAYA | 2011年11月27日 (日) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/39884104

この記事へのトラックバック一覧です: ヨツモンホソチャタテ(Graphopsocus cruciatus)の幼虫
(終齢=6齢)
:

« ツチトビムシ亜科の1種(Isotominae gen. sp. | トップページ | オオツマキヘリカメムシ(Hygia lativentris)(雄) »