« シラホシカメムシ(Eysarcoris ventralis | トップページ | マドチャタテ科の1種(Peripsocidae gen. sp.) »

2010年12月17日 (金)

ハイイロチビフサヤスデ(その2:集団越冬)(Eudigraphis takakuwai kinutensis

 今年の1月に、ハイイロチビフサヤスデEudigraphis takakuwai kinutensis、或いは、Eudigraphis kinutensis.「チビ」を取ったハイイロフサヤスデと呼ぶこともある)と云う余り知られていないヤスデの1種を紹介しました。
 この時は、ケヤキとプラタナスの樹皮下に居た越冬中の個体を1頭ずつ見付けただけです。ところが、先日(11月18日)、とあるケヤキの樹の皮を剥がしたところ、1枚の樹皮片の下に70頭以上が大きく2個所に分かれて集団越冬していました。
 このフサヤスデは全国的には珍しい種類の様ですし、集団越冬していると云う話は聞いたことがありません。そこで、重複掲載にはなりますが、もう一度、ハイイロチビフサヤスデを掲載することにしました。

_101118_1_015
ケヤキの樹皮下で集団越冬中のハイイロチビフサヤスデ
中央右端近くにトビムシの1種が写っている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/11/18)

 「ヤスデ」と名のある通り、多足亜門のヤスデ綱フサヤスデ亜綱(触顎亜綱:Pselaphognatha)に属しています。しかし、御覧の通りとてもヤスデとは思えない独特な外観をしています。フサヤスデ亜綱は、たったの2科3属3種+2亜種(「多足類読本」では5種)しか居ない非常に小さなグループです。
 フサヤスデ類についての詳細や、写真のフサヤスデをハイイロチビフサヤスデと判断した根拠については、1月に掲載した記事を参照して下さい。なおここでは、ハイイロチビフサヤスデはフサヤスデ科(Polyxenidae)ニホンフサヤスデ(Eudigraphis takakuwai)の亜種(kinutensis)としていますが、亜種から種に昇格させて学名をEudigraphis kinutensisとすることもあります(此方の方が新しい分類なのかも知れません)。
_101118_1_002
同じ樹皮片下で別の位置にかたまるハイイロチビフサヤスデ
この2枚の写真に写っていない個体もかなり居た
(写真クリックで拡大表示)
(2010/11/18)

 ウスアカフサヤスデが集団越冬している写真はWeb上で屡々見かけます。しかし、ハイイロチビフサヤスデに関しては、集団越冬をすると云うことすら知られていないのではないでしょうか(これは素人の推測に過ぎません)。
_a_101118_1_019
最初の写真の中央やや左下の部分.虫は少し動いている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/11/18)

 実は、これまで主に使用していたマクロレンズが10月の16日に故障した為、それ以降は別のカメラとレンズを使用しています。こちらのカメラの方が画素数が多く、横幅のピクセル数は1.2倍になります。
 今日の写真もこの新しい方のシステムで撮影しています。ピクセル数が1.2倍になっても、CCDの大きさは同じですから、ピクセル等倍にした時の拡大率は以前のカメラよりも1.2倍大きくなります。
_a_101118_1_025
上の写真の直ぐ下だが、虫が動いているので
最初の写真とは虫の配置が違っている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/11/18)

 最初2枚の全体像以外の写真は、拡大するとピクセル等倍かそれに近い倍率です。以前に掲載したハイイロチビフサヤスデよりかなり大きい感じがしますが、スケールと比較すると(長い針状の毛の束=尾毛叢を除く)、1枚目の拡大写真で左下の個体が約2.1mm、2枚目の少し曲がった左下の個体で約2.2mmです。
 1月に掲載した写真では、1.7~2.2mmでしたから、殆ど差はありません。高島&芳賀「日本産触顎類知見補遺」(1950,Acta Arachnol.,12:21-26)に書かれているニホンフサヤスデ(Eudigraphis takakuwai)の3亜種(或いは3種)の体長は、ウスアカフサヤスデが4~4.5mm、イソフサヤスデが3~3.5mm、ハイイロチビフサヤスデでは2.5~3mmです。この論文の「体長」に尾毛叢が含まれているのか記述がありませんが、本文中にハイイロチビフサヤスデは「成体では尾毛叢を除き体長約2.5mm」とあるので、ハイイロチビフサヤスデとしても少し小さめで、他の2亜種と較べるとずっと小さいと言えます
_a_101118_1_028
最初の写真の下、枠外の部分
(写真クリックで拡大表示)
(2010/11/18)

 上述の論文には「本亜種は東京都世田谷区大蔵町即ち以前の砧村(Kinuta)で獲られたので(中略)同地から既に100頭近くの個体を採っているが他産地のに此の亜種に該当するものが見当たらないのは妙である」とあります。大蔵町は現在の世田谷区大蔵で、このWeblogの写真を撮っている成城の隣町です。このハイイロチビフサヤスデが全国的にどう分布するのか良く分からないのですが、どうも関東地方に限られる様です。「日本のレッドデ-タ検索システム」に拠ると、現時点では千葉県と栃木県では絶滅危惧Ⅰ類に入っています。
 そこで思うのですが、このハイイロチビフサヤスデ、ヒョッとするとアオマツムシウスグモスズの様な外来種で、何処かの国から東京、或いは、横浜の港へ運ばれ、その後関東各地に広がったのではないでしょうか。ウスグモスズは外来種とは言うものの、原産地は不明と云う奇妙な虫です。このハイイロチビフサヤスデも同じ様な立場にあるのかも知れません。
 この説には、他に根拠はありません。単なる素人の憶測に過ぎませんので、あしからず。

|

« シラホシカメムシ(Eysarcoris ventralis | トップページ | マドチャタテ科の1種(Peripsocidae gen. sp.) »

その他の動物」カテゴリの記事

コメント

遊星人 様
 成体で2.3mmならばハイイロチビの可能性が大ですが、もっと確実には、以前掲載した「ハイイロチビフサヤスデ」(http://wolffia.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-db4c.html )に引用した高島&芳賀「日本産触顎類知見補遺」に書かれているその他の特徴についても一致するか見てみる必要があるでしょう。
 フサヤスデについては研究が余りなされていない様なので、未記載種や未記録種があってもおかしくありません。

投稿: アーチャーン | 2011年1月11日 (火) 10時00分

年末に新開さんにメールで機会があったら測定をお願いしたところ、調べて頂きました。
http://www.shinkai.info/himuka_blog/
最大で2.3ミリだったそうです。

私がハイイロチビではないかと思っているのがいる場所は人が多くて樹皮めくりはやりにくいのですが、今年は夏でも樹皮下にいるのか確かめてみたいと思います。

それと、尾毛叢に横縞のようなものが見えるのは何かと思っていたら、尾毛に逆向きのフックが並んでいるらしいことを知ったので見てみたいです、顕微鏡をもっていないので無理かもしれませんが・・・

投稿: 遊星人 | 2011年1月 8日 (土) 20時06分

遊星人 様

 それならば、屹度ハイイロチビフサヤスデなのでしょう。以外と広い範囲に分布しているのかも知れません。
 ヤスデなどについては専門家が少ないし、一般にもファン多くはない上に、フサヤスデは小さ過ぎてその存在もよく知られていないので、話題になることが極めて少ないのだと思います。
 ムラサキシジミは温暖化で関東にも分布する様になったとされていますが、私は温暖化が問題になる前の確か1991年に見ており、これはこの頃から急に東京でアラカシの人気が高まり、その結果、関西方面から運ばれて来たアラカシ(東京に自生するのはシラカシだけです)に付いていた幼虫から広がったのではないかと思っています。

投稿: アーチャーン | 2010年12月18日 (土) 21時26分

画像をアップしたいところなのですが無料HPサービスが打ち切られて私のサイトは消滅していました(笑)

剛毛列ですが見比べてみると同じに見えます。

この場所は植木産地で有名な安行にも近い植物の流通地の辺縁ですし、公園ですので生産地のように農薬散布は少ないですから、遠方の植物と共に持ち込まれた昆虫などがいても不思議ではありません。

現在の安行は東京に隣接しているので街路樹や公園樹のような育成面積の割にはコストの安いものは生産していません、首都圏の公的スペースの植樹は御存知のように現在は宮崎県などからの常緑広葉樹が目立っています、秋になって一斉に葉を落とす落葉広葉樹は公的に管理する側にとって面倒なのでしょう。

ちょいと脱線してしまいましたが、自力での長距離移動能力のない生物でも人為的な流通で知らぬ間に分布を拡げている例はいろいろありそうな気がします。

投稿: 遊星人 | 2010年12月18日 (土) 19時53分

遊星人様

 わざわざ見に行かれたのですか。御手数をかけました。

 松本・蒲生「相模湾沿岸に見られるフサヤスデ類2種・・・」に拠ると、ウスアカは7期で亜成体となり胴節が11節、第4期の幼生(この頃は幼体ではなく幼生と言っていました)が8節で、体長は添付の図とスケールから計算すると尾毛叢を入れないで約1.5mmです。
 成体・亜成体の11節の内、第1節と第11節は短いので分かり難いのですが、剛毛の輪(剛毛列)は10あります。フサヤスデの変態様式は、半増節変態と呼ばれる方式で、。成長の初期には脱皮に伴い体節数が増加します。私の写真では剛毛列は10あるので亜成体か成体と思いますが、その点では如何でしょう。
 論文にある第4期の幼生は、見た感じが亜成体・成体とは相当違います。見た感じがこの写真と同じで、体長2mm程度ならば、ハイイロチビフサヤスデではないでしょうか。

投稿: アーチャーン | 2010年12月18日 (土) 15時23分

ルーペとスケールを持って確認してきましたが、今年は数が少なくて合計6匹しか測定できませんでした。

群れになっていた5匹は尾毛叢を含めて2.2~2.4mm

単独でいた1匹はやや大きく2.9mmでした。

どちらもケヤキの樹皮下です、この公園は大半が植栽された樹木なので苗と共に運ばれた可能性があります。

投稿: 遊星人 | 2010年12月18日 (土) 13時32分

遊星人 様

 ウスアカではなく確実にハイイロチビでしょうか。ウスアカは成体では4mm以上になります。ハイイロチビの2倍以上です。
 新海氏のも雰囲気は非常に良く似ていますが、大きさが書かれていないのと、写真がかなりアンダーで色が分かり難いので、ハイイロチビか否か何とも言えません。
 ハンマー氏がブログに出しているフサヤスデ(http://plaza.rakuten.co.jp/hammeratsannda/diary/200703080000/ )は、これも色は分かり難いのですが、体長7mm前後と書かれています。高島・芳賀の論文に拠れば、ウスアカの体長は4~4.5mmですから非常に大きいと言えます。
 フサヤスデは目に付きにくいし研究者も少ないので、まだ未記録種や未記載種がある可能性が高いのではないかと思います。

投稿: アーチャーン | 2010年12月18日 (土) 09時08分

野山あを 様

 残念ながら、虫眼鏡で見ても余程拡大率が高くないと良く見えない程の大きさです。
 なお、尾毛には毒があるそうです。

投稿: アーチャーン | 2010年12月18日 (土) 08時40分

私が数年前から観察フィールドのひとつにしている埼玉県川口市の公園のケヤキでも集団越冬(?)していますが、私もそこ以外では見たことがありません。

宮崎県に移住した昆虫写真家の新開孝さんが画像で見る限りよく似たのをブログに掲載しています。
http://www.shinkai.info/himuka_blog/2010/01/

投稿: 遊星人 | 2010年12月17日 (金) 19時12分

なにこれカワイイ!
イラガの幼虫みたいですね。
もっと大きければ飼うのにー。
単位がmmじゃなくcmならいいのになぁ

投稿: 野山あを | 2010年12月17日 (金) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/38112170

この記事へのトラックバック一覧です: ハイイロチビフサヤスデ(その2:集団越冬)(Eudigraphis takakuwai kinutensis:

« シラホシカメムシ(Eysarcoris ventralis | トップページ | マドチャタテ科の1種(Peripsocidae gen. sp.) »