« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の5件の記事

2010年5月25日 (火)

ホソサビキコリ(Agrypnus fuliginosus

 先日、四丁目にある「みつ池緑地」(「神明の森・みつ池特別保護区」に上部に接する)に寄ったとき、オニタビラコの咲き終わった花の上にサビキコリの1種が居るのを見つけました。体長は15mm位、以前紹介したサビキコリよりも細長く、家に帰ってから調べてみると、どうもホソサビキコリの様です。

_100517_008
咲き終わったオニタビラコの花に留まるホソサビキコリ
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 保育社の甲虫図鑑に拠ると、サビキコリ族(Agrypnini)の特徴は「前胸腹板線は触角を受け入れる深い凹溝を前半部または全部にわたって有する」と書いてあります。4番目の写真で、触角が前胸の溝に隠れているのが確認出来ますから、サビキコリ族であることは間違い無いでしょう。
 普通ならば、更に属への検索表を引くのですが、キー1の「中胸後側板は中基節窩に達する」が判断出来ません。どの範囲まで中基節窩なのかが写真からでは良く分からないのです。・・・絵合わせ以外に手がない様です。
_100517_010
横から見たホソサビキコリ.意外と眼が大きい
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 絵合わせでまず第1に注目したのが、前胸背板の後角の形状です。写真で明らかな様に、後角は尖らずにやや膨らんで丸まっています。この特徴を持つサビキコリは、図鑑ではサビキコリ、ムナビロサビキコリ、シロモンサビキコリ、ホソサビキコリの4種しかありません。何れもAgrypnus属のコメツキムシです。
 この4種の中で、細長いのはホソサビキコリ1種のみです。ホソサビキコリの解説には、「13~20mm.体は細長く、地色は黒褐色~黒色.前胸背板はやや縦長で両側が基方で強く波曲し、後角は後方外側へ突き出し、隆起線はない.小楯板は幅より明らかに長く、両側は基方で強くくびれる(後略)」と書いてあります。これらの特徴は、写真のコメツキと一致していると言えるでしょう。
_100517_022
撮影中に何故か眠ってしまった
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 しかし、図鑑には載っていない類似種の可能性もあります。
 九州大学の日本産昆虫目録を見ると、Agrypnus属には33種が記録されています。しかし、その殆どは南西諸島産で、本州産は僅か7種、この内、図鑑に載っていないのは、戦後になって記録されたコガタヒメサビキコリとミカワサビキコリの2種のみです。  また、東京都本土部昆虫目録を見ると、この内のミカワを除く6種の記録があります。ミカワは分布が愛知県から京都府に限られて居る様で、この辺り(東京都世田谷区西部)に居る可能性は無いでしょう。
_100517_023
横から見たお休み中のホソサビキコリ
触角が前胸の溝に隠れている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 コガタヒメの方は23内での記録が幾つかあり、Web上にも写真が出ています。信頼度は不明ですが、何れもかなり太めの種類で、写真のコメツキムシとは大きく異なります。
 以上から、多少の不安はありますが、写真のコメツキはホソサビキコリ(Agrypnus fuliginosus)として良いのではないかと思います。なお、ホソサビキコリはコメツキムシ科(Elateridae)サビキコリ亜科(Pyrophorinae)サビキコリ族(Agrypnini)に属します。
_100517_002
オマケにもう1枚.丸い頭部が印象的
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 このコメツキ君、撮影中に何故か寝てしまいました。前方から撮りたかったのですが、オニタビラコの萎れた花が邪魔になって撮れません。そこで少しチョッカイを出してみました。すると・・、コメツキ君、シッカリと花に掴まっていなかったのか、ポロリと下の藪に落ちて見えなくなってしまいました。
 そんな訳で、今日は正面から撮った写真はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

トホシテントウ(Epilachna admirabilis

 一週間ほど前、久しぶりに四丁目方面に写真を撮りに行って来ました。気温が高いせいか中々敏感で、容易に撮らせて貰えませんでしたが、それでも比較的大きな虫を数種撮影することが出来ました。今日は、その中からトホシテントウ(Epilachna admirabilis)を紹介します。

_100517_094
トホシテントウ.ニジュウヤホシテントウと同じく食植性
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 体長6~7mm位のやや大型のテントウムシです。上の写真の様に背側から撮ると分かりませんが、横から見ると(下の写真)、このテントウムシは非常にかさ高であることが分かります。まるで旧ドイツ軍のヘルメットの様な格好です。
_100517_116
横から見ると、非常にかさ高
脚は全体的に殆ど赤色
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 トホシテントウは、ニジュウヤホシテントウ等と同じくテントウムシ科(Coccinellidae)マダラテントウ亜科(Epilachninae)マダラテントウ族(Epilachnini)に属し、アブラムシ等の捕食性ではなく、食植性です。
 体の背面全体に毛が生えています。毛の生えたテントウは他にも沢山ありますが、体長5mm以上になる種類は、マダラテントウ族だけの様です(アミダテントウ族のアミダテントウは体長4.0~4.6mm)。
_100517_104
ナミテントウなどとは異なり吻が随分飛び出している
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 写真の個体では、前胸背の黒斑は面積としては1/2程度、鞘翅には名前の通り明瞭な10個の黒斑があり、脚は全体的に殆ど赤色です。しかし、保育社の甲虫図鑑に拠れば、胸背の黒斑は拡大して胸背全体が殆ど黒色になったり、上翅の黒斑も大きくなって融合することがあるそうです。また、脚の色も変化に富むと書いてあります。
_100517_107
葉の上を忙しく歩き回る.何時ものことだが苦労する
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 このトホシテントウ、「神明の森・みつ池特別保護区」からはみ出しているミズヒキと思われるタデ科の植物に居ました。しかし、図鑑には「食草はカラスウリなど」と書かれています。この場所にはカラスウリも沢山生えているので、偶々カラスウリから離れてミズヒキに留まっていたのでしょう。
_100517_105
飛び立つ直前のトホシテントウ.宙に浮いているのは中肢
慌ててシャッターを押したので少しブレている
直ぐ上の葉にぶつかって落ちた、ドジ!!
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 トホシテントウ等のマダラテントウ亜科のテントウムシは植物食ですが、幼虫は背中に分岐する鋭い突起を持っており、これは、カイガラムシを食べるクチビルテントウ亜科の幼虫と似ています。しかし、佐々木寛之著「テントウムシの自然史」を読むと、見かけは似ているが、形態上の著しい相違も多数認められる、と云う意味のことが書いてあり、系統的な関係を示している訳ではない様です。
_100517_129
オマケにもう1枚.かさ高なので影が大きい
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 最近はヤボ用が多く、中々更新が捗りません。5月に入ってからは、今回で漸く5回目です。時節の虫の写真はあるのですが、まだ整理・調整が出来ていません。出来るだけ時間を見つけ、鋭意更新に向け邁進して行く所存で御座いマス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

クモガタテントウ(Psyllobora vigintimaculata

 今日は我が家の庭に居たテントウムシを紹介します。クモガタテントウ(Psyllobora vigintimaculata)、体長2.3mmのかなり小さなテントウムシです。
 我が家の庭で撮影した虫は、本来、もう一つのWeblog「我が家の庭の生き物たち」に掲載することになっています。しかし、我が家の庭ではこのテントウムシはかなり普通で、もう3回も「我が家の庭・・・」に掲載しているのですが、家の外では全く見ていません。この分では、此方に掲載する機会は無いかも知れないので、この際出してしまうことにしたのです。

_100426_029
セイタカアワダチソウに居たクモガタテントウ
個体により模様にかなりの変異がある
体長は約2.3mmでかなり小型
(写真クリックでピクセル等倍)
(2010/04/26)

 クモガタテントウはテントウムシ科(Coccinellidae)テントウムシ亜科(Coccinellinae)カビクイテントウ族(Halyziini=Psylloborini)に属す北米原産の帰化種です。2009年11月に発行された文教出版の「テントウムシの調べ方」に拠ると、発見は1984年で、分布は九州、本州、北米となっています。
 日本には、イセリアカイガラムシを捕食させる為に導入されたベダリアテントウの他にもかなり多くの外来テントウムシが棲んでおり、「テントウムシの調べ方」には12種の外来テントウムシのリストが載っています。これらの種類の多くは、普通の昆虫図鑑には載っていません。図鑑で迷子になったら、外来種を疑った方が良いかも知れません。
_100426_036
横から見たクモガタテントウ.まだ寝ている
(写真クリックでピクセル等倍)
(2010/04/26)

 テントウムシには鞘翅の模様に変化のある種類が多いですが、このクモガタテントウにもかなりの変異が認められます。しかし、ナミテントウヒメカメノコテントウの様に2紋型とか4紋型と云うのではなく、模様がハッキリしているか否かの違いと言えます。日本では、今日の写真の様な、象牙色の下地に薄い茶色から黒に近い茶色の斑がある個体が多い様ですが、全体的にかなり薄い場合もあります。
 原産が北米ですから、学名で画像検索すると非常に多くの写真が出て来ます。それらを見ると、北米では象牙色の下地に殆ど一様に黒に近い斑を持つ個体が多い様です。そのせいか、英語ではTwenty-Spotted Lady Beetle<ニジュウホシテントウ>と呼ばれています。因みに、テントウムシの和名で「ニジュウホシテントウ」と云う種はありません。
_100426_040
正面から見たクモガタテントウ.キイロテントウに似た可愛い顔
(写真クリックでピクセル等倍)
(2010/04/26)

 クモガタテントウはカビクイテントウ族ですから、葉の上に繁殖した白渋菌(うどん粉病菌)を餌にしています。Webにあるクモガタテントウの記事を読むと、セイタカアワダチソウ、エノキなどで良く見つかるそうですが、餌は菌で植物ではありませんから、色々な植物上で見付かります。但し、うどん粉病は寄主により菌の種類が違うそうですから、特定の植物に寄生する白渋菌を好む傾向があるかも知れません。
_100426_046
斜めから見たクモガタテントウ
(写真クリックでピクセル等倍)
(2010/04/26)

 現在、日本産カビクイテントウ族としては、クモガタテントウの他に、キイロテントウ、シロジュウロクホシテントウ、シロホシテントウ、アラキシロホシテントウの4種が記録されて居ます。後三者は何れも赤っぽい下地に白斑を持つ種で、外見的にはシロトホシテントウやムーアシロホシテントウ等のCalvia属のテントウムシとよく似ています。しかし、これらのテントウムシはテントウムシ族(Coccinellini)に属し、捕食性です。名前もかなり紛らわしいので、注意が必要です。
_100426_052
テレプラスを挟んで撮影したクモガタテントウ
激しく動き回るので少しブレている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/26)

 この個体は、虫集めの為に植木鉢で栽培しているセイタカアワダチソウに居ました。カメラは普段からベランダのテーブルに置いてあるので、葉を切り取って直ぐにテーブルの上で写真を撮ったのですが、体長2.3mmの虫を撮るには普通の等倍マクロではやや力不足です。そこで一通り撮ってから、部屋に戻ってテレプラスを持って来て撮り直しをすることにしました。テントウムシ君、始めはすっかり寝込んでいる様子でしたが、戻って来た時には目覚めて葉の上を忙しく歩き回って居ました。数枚撮ってから、動きを止めさせようと思い一寸息を吹きかけたところ、小さなテントウムシ君は吹っ飛んでしまい、それっきり行方不明になってしまいました。そんな訳で、テレプラスを挟んで撮った高倍率の写真は1枚しかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ヤハズエンドウ(Vicia angustifolia)(カラスノエンドウ)

 黄金週間以来、7日金曜日を除いて好天が続いています。日中外出するには半袖でないと暑い位ですが、朝晩はまだかなり冷えます。寒がりの私としては、もう少し気温が上がって欲しいものです。
 さて、今日は「春の雑草」の今期最終回として、ヤハズエンドウ(Vicia angustifolia)を紹介します。カラスノエンドウと言った方が通りが良いかも知れませんが、標準和名はヤハズエンドウです。なお、今日の写真は今年撮影したものです。

_100426_004
ヤハズエンドウの群落.成城駅西口から100m
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/26)

 花期は「春の雑草」としてはやや遅く、初夏まで咲いています。何処にでも生えている雑草で、上の写真は成城学園前駅西口から100m位しか離れていない空地で撮りましたが、かなり大きな群落を作っていました(他の写真は「四丁目緑地」で撮影)。
_100411_161
同じくヤハズエンドウの群落.「四丁目緑地」で撮影
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/11)

 学名でお分かりの様にソラマメ属(Vicia)ですから、典型的なマメ科(Fabaceae、Legminosae)の花を着けます。ソラマメ属ですが、全体的な雰囲気はソラマメよりも別属(Pisum)のエンドウに似ています。
 同じソラマメ属の雑草であるスズメノエンドウやクサフジなど、何れもソラマメには似ていません。ソラマメは南西アジアの辺りを原産とする栽培植物ですから、一寸違うのかも知れません。
 ソラマメ属とエンドウ属でどう違うのか調べてみましたが、日本のエンドウ属は栽培種のみなので植物図鑑には検索表を含めて全く載っておらず、良く分かりませんでした。
_100411_162
ヤハズエンドウの花とナナホシテントウ
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/11)

 花の大きさは、図鑑に拠れば「長さ12-18mm」とあります。しかし、視覚的に花と云う感じがする部分は直径1cm位です。ソラマメの花と較べるとずっと小さいですが、色はこちらの方が綺麗です。
 上の写真には、ナナホシテントウが一緒に写っています。このヤハズエンドウにはナナホシテントウの成虫ばかりでなく幼虫も沢山居ました。ナナホシテントウは、この様な草本植物に付くアブラムシが好きな様です。
_100411_149
ヤハズエンドウの花.色が綺麗
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/11)

 ヤハズエンドウの「ヤハズ」とは矢筈で、弓矢の元にある弦を受ける部分のことです。下の写真の様に、葉の先端が少し窪んでいる(凹頭)ことから付けられたとされています。なお、スズメノエンドウでは、これが真っ直ぐに切った様(裁断頭)になっています。
 また、カラスノエンドウを漢字で書くと烏野豌豆で、烏之豌豆ではありません。これは支那大陸ではVicia属の植物を一般に野豌豆と呼んでいることから来ている様です。同じく、スズメノエンドウも雀野豌豆です。しかし、スズメノヒエは雀之稗、スズメノナスビも雀之茄子です。
_100411_173
ヤハズエンドウの葉.先端が窪んで「矢筈型」になっている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/11)

 今年紹介した「春の雑草」は、何れも正しく雑草的な草本ばかりでした。しかし成城には、春に咲く草本として、雑草ではなく野草と云うべき在来種もかなりあります。来年の春は、「春の雑草」ではなく「春の野草」にしようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

エゾホソルリミズアブ(Actina ezoensis

 連休ですっかりサボり癖が付いてしまいました。尤も、連休前もかなりサボっていましたが・・・。今朝、我が家のベランダから見える通勤・通学者の数はまだ多くありません。連休は明けても、今週一杯をお休みにしている人が多い様です。
 そこで今日は、このWeblogもまだ半ば休み、写真の少ないサボリねたにすることにしました。ミズアブ科(Stratiomyidae)のエゾホソルリミズアブ(Actina ezoensis)(雄)です。「三丁目緑地」の一番下にある、昔から生えているエゴノキやサワラを切り倒して造成した公園の中に居ました。直ぐに逃げられてしまったので、写真は背側からの2枚しかありません。尾端が翅で隠れており体長は不明ですが、翅端までは約7mmです。かなり弱々しい飛び方をしていました。

01_100413_256
「三丁目緑地」に居たエゾホソルリミズアブ
緑色の金属光沢を帯びている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/13)

 周囲が全部緑色で、アブ自体も緑色の金属光沢を持っているので、緑カブリした様なスッキリしない写真になっています。実際、まだある程度はカブリが残っていると思います。
 ミズアブ科の特徴としては、触角の第3節が細かく分節していること、Rs脈が短いこと(上の写真で、右縁紋の左上に沿った部分)、また、これは今日の写真からは見えませんが、脚の付節末端に3個の嚢状物があること、等が上げられます。
 これまでミズアブ類とは縁が薄かったせいもあり、今まで知らなかったのですが、ミズアブ科昆虫の中には小楯板後縁に棘状の突起を持つ種が少なからずあります(下)。
01_100413_261p
触角第3節は細かく分節している
複眼や胸部には毛が生えている
小楯板の端には4本の棘がある
(写真クリックで拡大表示)
(2010/04/13)

 Actina属には、このエゾホソルリミズアブ(A. ezoensis)の他に、キアシホソルリミズアブ(A. diadema)とA. nigripes(和名なし)の2種が居ます。これらの違いについては、双翅目の掲示板「一寸のハエにも五分の大和魂・改」のNo.4485で、アノニモミイア先生(某旧帝大を退官された双翅目の大御所です)が添付された検索表を見れば分かります。
 この表では、雌雄を別々に検索する様になっています。検索表にある雌雄の区別は前から見ての比較なのでここでは使えませんが、写真の個体は眼の間隔が狭く、これは雄です。雌では間隔がこの1.5倍位あります。
 今日は「サボリねた」の日ですから、これら3種の雄雌全部について解説するのは止めにして、エゾホソルリミズアブ雄の特徴だけを簡単に書いておきましょう。腿節と上部を除く脛節は黒っぽく、脛節には長い毛があり、M1脈とM2脈(最初の写真で、翅の中央やや右下に見える6角形の中室の右下から翅端近くへ走るのがM1脈、左下から斜に下へ走るのがM2脈)の基部は通常分離しており、後脚の第1付節は先端部を除いて黄褐色、であればエゾホソルリミズアブの雄です。
 なお、種小名にezoensis<蝦夷の>、和名にも「エゾ」とありますが、分布は、北隆館の圖鑑に拠ると、北海道、本州、四国、九州、極東ロシアとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »