« クモガタテントウ(Psyllobora vigintimaculata | トップページ | ホソサビキコリ(Agrypnus fuliginosus) »

2010年5月23日 (日)

トホシテントウ(Epilachna admirabilis

 一週間ほど前、久しぶりに四丁目方面に写真を撮りに行って来ました。気温が高いせいか中々敏感で、容易に撮らせて貰えませんでしたが、それでも比較的大きな虫を数種撮影することが出来ました。今日は、その中からトホシテントウ(Epilachna admirabilis)を紹介します。

_100517_094
トホシテントウ.ニジュウヤホシテントウと同じく食植性
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 体長6~7mm位のやや大型のテントウムシです。上の写真の様に背側から撮ると分かりませんが、横から見ると(下の写真)、このテントウムシは非常にかさ高であることが分かります。まるで旧ドイツ軍のヘルメットの様な格好です。
_100517_116
横から見ると、非常にかさ高
脚は全体的に殆ど赤色
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 トホシテントウは、ニジュウヤホシテントウ等と同じくテントウムシ科(Coccinellidae)マダラテントウ亜科(Epilachninae)マダラテントウ族(Epilachnini)に属し、アブラムシ等の捕食性ではなく、食植性です。
 体の背面全体に毛が生えています。毛の生えたテントウは他にも沢山ありますが、体長5mm以上になる種類は、マダラテントウ族だけの様です(アミダテントウ族のアミダテントウは体長4.0~4.6mm)。
_100517_104
ナミテントウなどとは異なり吻が随分飛び出している
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 写真の個体では、前胸背の黒斑は面積としては1/2程度、鞘翅には名前の通り明瞭な10個の黒斑があり、脚は全体的に殆ど赤色です。しかし、保育社の甲虫図鑑に拠れば、胸背の黒斑は拡大して胸背全体が殆ど黒色になったり、上翅の黒斑も大きくなって融合することがあるそうです。また、脚の色も変化に富むと書いてあります。
_100517_107
葉の上を忙しく歩き回る.何時ものことだが苦労する
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 このトホシテントウ、「神明の森・みつ池特別保護区」からはみ出しているミズヒキと思われるタデ科の植物に居ました。しかし、図鑑には「食草はカラスウリなど」と書かれています。この場所にはカラスウリも沢山生えているので、偶々カラスウリから離れてミズヒキに留まっていたのでしょう。
_100517_105
飛び立つ直前のトホシテントウ.宙に浮いているのは中肢
慌ててシャッターを押したので少しブレている
直ぐ上の葉にぶつかって落ちた、ドジ!!
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 トホシテントウ等のマダラテントウ亜科のテントウムシは植物食ですが、幼虫は背中に分岐する鋭い突起を持っており、これは、カイガラムシを食べるクチビルテントウ亜科の幼虫と似ています。しかし、佐々木寛之著「テントウムシの自然史」を読むと、見かけは似ているが、形態上の著しい相違も多数認められる、と云う意味のことが書いてあり、系統的な関係を示している訳ではない様です。
_100517_129
オマケにもう1枚.かさ高なので影が大きい
(写真クリックで拡大表示)
(2010/05/17)

 最近はヤボ用が多く、中々更新が捗りません。5月に入ってからは、今回で漸く5回目です。時節の虫の写真はあるのですが、まだ整理・調整が出来ていません。出来るだけ時間を見つけ、鋭意更新に向け邁進して行く所存で御座いマス。

|

« クモガタテントウ(Psyllobora vigintimaculata | トップページ | ホソサビキコリ(Agrypnus fuliginosus) »

昆虫-8」カテゴリの記事

昆虫(甲虫)」カテゴリの記事

コメント

そらさん

 偶然撮れただけです。慌ててシャッターを押したので、フレームの端の方にずれて傾き、また、少しブレています。

投稿: アーチャーン | 2010年5月25日 (火) 07時37分

こんばんは、

はじめまして、ココフラッシュにトホシテントウが掲載されていたので、お邪魔しに来ました。
トホシテントウは好きなテントウムシなのですが、5枚目の「飛び立つ直前のトホシテントウ」は凄く良いですね!

投稿: そら | 2010年5月24日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/34832175

この記事へのトラックバック一覧です: トホシテントウ(Epilachna admirabilis:

« クモガタテントウ(Psyllobora vigintimaculata | トップページ | ホソサビキコリ(Agrypnus fuliginosus) »