« シバツトガ(Parapediasia teterella | トップページ | カブラヤガ(Agrotis segetum) »

2010年3月11日 (木)

エサキモンキツノカメムシ(Sastragala esakii

 先日、ヒメコバネナガカメムシについての記事の最後に、もっと大きな越冬中の新顔カメムシを見付けた、と書きました。今日はその新顔カメムシ君を紹介します。
 ツノカメムシ科(Acanthosomatidae)のエサキモンキツノカメムシ(Sastragala esakii)です。背中のど真ん中(小楯板の中央)に大きなハート型の黄紋があるのでよく知られています。
 「七丁目緑地」に生えているムクノキの樹皮下に居ました。

_100222_152
「七丁目緑地」のムクノキの樹皮下に居たエサキモンキツノカメムシ
ジッと動かないが勿論生きている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 樹皮を剥がしたとき、上の写真の様な格好をしてジッとしていました。斜め上から見たのが下の写真です。全く動かず、死んでいるのではないかと思ったのですが、チャンと生きていました。
 この格好では写真を撮るのに些か不都合なので、一寸突っついたら、極くゆっくりと歩き始めました。しかし、足許が何とも頼りなく、やがて落葉の中に落下、幸い体長が11mmと大きく、明るい色をしてたので何とか見付けることができ、また、樹の幹に戻ってもらいました。
_100222_156
斜め上から見た越冬中のエサキモンキツノカメムシ
付節が2節しかないことに注意
触角を2段に折り畳んでいる
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 実は、ツノカメムシ科の虫を紹介するのは今回が初めてです。名前の通り、肩が角状に尖っています。しかし、ツノカメムシ科の中には殆ど尖っていない種類もありますし、逆にカメムシ科の中にもクチブトカメムシ類(捕食性)の様に尖った肩を持つグループも居ます。「角」の有無だけではツノカメムシ科の証拠にはなりません。
 如何にもカメムシらしいカメムシ(ノコギリカメムシ科を除くカメムシ上科:クヌギカメムシ科、マルカメムシ科、ツチカメムシ科、キンカメムシ科、カメムシ科、ツノカメムシ科、触角は何れも5節)の中では、ツノカメムシだけ付節が2節しかありません。他の科では全て3節です。なお、ノコギリカメムシも付節は2節ですが、格好が独特ですし、触角が4節なので区別は容易です。
_100222_175
落下後幹に戻して撮影.中々カッコイイ
触角は5節、付節は2節からなる
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 エサキモンキツノカメムシと只のモンキツノカメムシはかなり良く似ています。エサキではハート型となる黄紋上部の窪みがありますが、無印モンキツノカメムシの方は窪みが無く半月形、或いは、三角形に近い形になります。尤も、カメムシの掲示板「カメムシBBS」の議論を読むと、この紋の形には中間形があり、判別の難しい場合は、触角を見て、触角第1節と2節がほぼ同長ならエサキ、第2節の方が長ければ無印だそうです。また、肩の角の形による判別法も紹介されていました。無印の方がエサキより長く張り出していながら先端は丸みを帯びているとのことです。しかし、これは比較表現ですから、両方の写真か標本が無ければ適用出来ません。
_100222_212
横から見たエサキモンキツノカメムシ
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 このツノカメムシの和名に付いている「エサキ」は、種名のesakii(「エサキの」の意)から来ていると考えて良いでしょう。「エサキ」とは、ほぼ間違いなくかつての昆虫学の大御所、江崎悌三氏のことと思われます。従って、エサキモンキツノカメムシは、漢字で書くと「江崎紋黄角亀虫」となります。
 なお、記載者も江崎氏であると書いているサイトもありますが、記載者が種名に自分の名を付けることはありません。学名を全部書くと、「Sastragala esakii Hasegawa, 1959」となり、記載者(命名者)は長谷川氏です。しかし、1959年とは随分最近のことで、一寸驚きです。江崎氏は1957年に逝去されていますので、その追悼の意味でesakiiと種名を付けたのかも知れません。
_100222_202
エサキモンキツノカメムシの横顔.複眼が銀色
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 ところで、このカメムシ、肩が尖っていてまるで裃を着ている様な格好です。また、黄紋は背中の真ん中にあり家紋を思わせます。そこで、私はこのカメムシの名をず~とエサキモンツキノカメムシ(江崎紋付之亀虫)だと思っていました。誤りに気が付いたのは、かなり最近のことです。私は子供の頃からこの手の過誤を時々犯します。読者諸氏も御用心下さい。
_100222_209
エサキモンキツノカメムシの顔写真
銀色の複眼と赤い単眼が印象的
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 最後に、このカメムシの習性等について一寸書いておきます。全農教の「日本原色カメムシ図鑑」の解説には、「成虫はミズキ、クマノミズキ、コシアブラ、ウド、ケンポナシ、ハゼノキ、カラスザンショウ、ツタウルシなどの植物で得られるが、繁殖は大部分ミズキ上で行われる」と書かれています。幼虫はミズキに寄生し、成虫になると食物スペクトルが広くなるのでしょう。なお、雌成虫は、卵や幼虫の保護をする習性があるそうです。
 久しぶりに大きく綺麗な虫に出合ってすっかり感激し、写真を沢山撮ってしまいました。以下、カメムシ君の雄姿?をお楽しみ下さい。。
_100222_183
カメムシ君の雄姿.関取の土俵入り?
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

_100222_196
カメムシ君の雄姿?(その2)
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

_100222_205
カメムシ君の雄姿?(その3)
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

_100222_186
カメムシ君の雄姿?(その4)
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 昔撮った写真は沢山ありますが、今年の写真はそろそろ底を付きそうです。今日は久しぶりに天気が良いので、散歩がてら、カメラを持って虫撮りに出掛けることにします。

|

« シバツトガ(Parapediasia teterella | トップページ | カブラヤガ(Agrotis segetum) »

昆虫-7」カテゴリの記事

昆虫(カメムシ)-2」カテゴリの記事

コメント

おちゃたてむしさんへ

 カメムシBBSの下記のスレッドにその議論がありますので、参照してみて下さい。
 http://flatbugs.org/kamebbs/bbs.cgi?list=pickup&num=5474#5474

投稿: アーチャーン | 2010年3月12日 (金) 10時33分

肩の突出具合で判別するという方法は知っていましたが、触角の節の長さの比が異なるというのは知りませんでした。
私が撮った写真の中にもどちらとも判定し難いものがいくつかあったので、この基準でもう一度見直してみようと思います。
大変参考になりました。

投稿: おちゃたてむし | 2010年3月11日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/33723159

この記事へのトラックバック一覧です: エサキモンキツノカメムシ(Sastragala esakii:

« シバツトガ(Parapediasia teterella | トップページ | カブラヤガ(Agrotis segetum) »