« キョウコシマハナアブ(Eristalis kyokoae)(雌:黒色型) | トップページ | シバツトガ(Parapediasia teterella) »

2010年3月 9日 (火)

ヒメコバネナガカメムシ(dimorphopterus bicoloripes
(その2)

 先日、「コカニグモ」のところで書いた様に、「七丁目緑地」に生えているケヤキの樹皮下にはヒメコバネナガカメムシが集団越冬していました。このカメムシは、既に一昨年の暮れに掲載してあるので撮影しなかったのですが、改めてその時の記事を見ると、写真は僅か2枚、しかも背面からの写真だけなので、再度掲載すべく、撮り直しに行って来ました。
 ヒメコバネナガカメムシ(dimorphopterus bicoloripes)はナガカメムシ科(Lygaeidae)Blissinae亜科に属し、体長約3.5mmとかなり小型です。

_100222_004
「七丁目緑地」のケヤキの樹皮下で越冬するヒメコバネナガカメムシ
全部で15頭と余り大きな集団ではない
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 コカニグモを撮影した時にはかなり沢山居たのですが、今回は大部数が減っていました。前回、樹皮を剥がした所にいた虫が、まだ剥がしていない樹皮下に逃げ込んで、かなり密度が上がっているのではないかと思ったのですが、そうは問屋が卸さなかった様です。一番密集して居て上の写真程度、僅か15頭で、しかも分散しています。これで「集団越冬」と言うのは、一寸大袈裟かも知れません。
_100222_057
別の場所で越冬するヒメコバネナガカメムシ
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 こう云う密集した虫を焦点深度の浅い一眼レフで撮るのは結構大変です。個々の虫の位置にかなり凹凸があり、中々全面に焦点が合わないのです。上の写真は、幸い一つの平面上に9頭が密集していて、何とか全面に焦点を合わせて撮ることが出来ました(一番下の個体は一寸ボケていますが・・・)。これは、「七丁目緑地」ではなく、以前紹介した「ムツボシテントウ」を撮影した、緑地近くの裏道に生えているケヤキの樹で撮りました。
_100222_106
ヒメコバネナガカメムシ.体長は3.5mmと小さい
「七丁目緑地」のケヤキで撮影(以下同じ)
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 このヒメコバネナガカメムシと云うのは、一寸変なカメムシです。全農教の「日本原色カメムシ図鑑」には載っていません。以前掲載したときは、カメムシの掲示板「カメムシBBS」で探して漸くヒメコバネナガカメムシであることが分かった次第です。
 この掲示板は、2004年11月12日から始められており、その中でこのカメムシが最初に現れるのは2006年5月24日です。質問されているのは、某掲示板を主催しておられる虫に大変詳しい方で、この方が御存じなかったと云うのは、恐らく、それ以前はカメムシ専門の人以外には知られていない種類だったのでしょう。実際、その時の応答で「あまり記録はないように思いますが,私も今年の春にケヤキの樹皮下で越冬しているのを観察しました」とあり、また、この掲示板のそれ以降の記事を見ると、何処で採れるのか産地を教えて欲しい、と云う様なことも書かれています。当時、と云っても僅か4年前ですが、その頃はまだ珍しい種類だった様です。
_100222_115
横から見たヒメコバネナガカメムシ.かなり毛深い
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 それが、今では極く普通種、この辺りのケヤキやムクノキの樹皮を剥がせば容易に見付かります。最近は、温暖化のせいか否かは別として、御時勢に応じて?昆虫相もかなり「乱れている」様ですから、その1例なのかも知れません。
_100222_049
ヒメコバネナガカメムシの顔.矢鱈にデコボコしている
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 しかし、ケヤキ等の樹皮下で越冬しているヒメコバネナガカメムシを探すのは容易でも、活動期の個体は相変わらず中々見付からないそうです。その生態は良く分かって居らず、寄主もイネ科植物であろうと推測されているらしいですが、未だにハッキリはしていない様です。
_100222_079
斜め上から見たヒメコバネナガカメムシ
アンシャープで誤魔化している
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 今回は、目的とする虫が小さいので、2倍のテレプラスを挟んで撮影しました。しかし、撮れた写真を見ると思ったほど解像度は上がっておらず、些かガッカリしました。キャノンの例のシステムを使えば遙かにスッキリした写真が撮れると思いますが、一寸高価過ぎます。費用を掛けず、大袈裟にならない高解像度システムを少し真剣に考える必要がある様です。
_100222_099
オマケにもう1枚.背中の中心は少しボケており
脛節も焦点を外れている.深度が浅いのである
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 このヒメコバネナガカメムシを撮影したのは、先日紹介したキイロクビナガハムシムツボシテントウと同じ日です。この日は、実は、他にもっと大きな越冬中の新顔カメムシを見付けたのです。まだ、写真の整理が出来ていませんが、近日中に紹介する予定です。

|

« キョウコシマハナアブ(Eristalis kyokoae)(雌:黒色型) | トップページ | シバツトガ(Parapediasia teterella) »

昆虫-7」カテゴリの記事

昆虫(カメムシ)-2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/33695998

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメコバネナガカメムシ(dimorphopterus bicoloripes
(その2)
:

« キョウコシマハナアブ(Eristalis kyokoae)(雌:黒色型) | トップページ | シバツトガ(Parapediasia teterella) »