« コカニグモ(Coriarachne fulvipes | トップページ | シロカネイソウロウグモ(Argyrodes bonadea)の幼体? »

2010年2月23日 (火)

ムツボシテントウ(Sticholotis punctata

 今年撮ったネタも残り少なくなりましたので、昨日、集団越冬中のヒメコバネナガカメムシの撮影を兼ねて「七丁目緑地」へ写真を撮りに行って来ました。カメムシの他にも色々収穫がありましたが、今日は写真の調整の関係で、その帰りに撮った小さなテントウムシを紹介することにします。
 テントウムシ科(Coccinellidae)メツブテントウ族(Sticholotidini)のムツボシテントウ(Sticholotis punctata)です。体長は2.2mmですから、ヒメテントウ級の大きさと言えます。しかし、ヒメテントウ類とは異なり、かなり丸い形をしています(ヒメテントウ類は少し細長い)。

_100222_062
ケヤキの樹皮に居たムツボシテントウ
樹皮の間に頭を突っ込んでいる
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 「七丁目緑地」から今まで通ったことのない裏道(昔はこの辺りは畑か林でした)を歩いて帰ったのですが、その途中に大きなケヤキの樹があり、その樹皮下に居ました。
 最初の写真は樹皮の剥がれた側に居た個体で、頭を樹皮の隙間に突っ込んでいます。これでは頭が見えないので、その上に被さっている部分を取ろうとしたら、そのショックでテントウムシが撥ね跳んでしまい、それっきり行方不明になってしまいました。
_100222_089
ムツボシテントウ.体長2.2mmと非常に小さい
2倍のテレプラスを使って倍率を上げている
上下逆さまだが撮影中は分からなかった
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 次の写真は別個体で、樹皮を剥がしたときに落ちてきて、樹皮の窪みに引っ掛かった個体です。窪みにはまったままでは写真が撮れないので、小さめの丸石の上に乗せて撮影しました。頭の位置が分からず、写真は上下逆さまです。
 今回はいつもとは異なり、2倍のテレプラスを挟んで撮ったので、少し倍率が上がっています。本来は倍率も2倍になる筈なのですが、ピクセル単位の解像力が低下するので、解像力は2倍にはなりません。まァ、精々1.5倍程度です。
_100222_097
横から見たムツボシテントウ.頭が良く見えない
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 メツブテントウの「メツブ」の意味は良く分かりません。小さい種類が多いので、「米粒」が訛って「メツブ」になったのでしょうか?
 このメツブテントウ族の特徴は、背面は無毛で光沢があり、頭楯がクチビルテントウの様に複眼の下に唇状には拡がらず(普通の形)、小顎鬚(口器の一部で触角の他に見えるやや長い構造、テントウムシ族では斧型をしている.ナナホシテントウの最後の写真を参照)の先が細長い尖った三角錐の様な形をしていて、且つ、触角の先端が普通の形(団子を3つ押し付けた様な形)をしていることです(「テントウムシの調べ方」に拠る)。
 今日のムツボシテントウの場合は、小顎鬚や触角は見えませんが、赤地に6つの黒斑(1-1/2-1-1/2)があるテントウムシは、ムツボシテントウのみです(イセリアカイガラムシの天敵として豪州から導入されたベダリアテントウが少し似ています)。
_100222_103
略正面から.顔は赤い、脚や腹面も赤いとのこと
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 このムツボシテントウ、冬の間はケヤキの樹皮下で良く見られる普通種ですが、暖かい季節に何をしているのかは良く分からないのだそうです。また、保育社の甲虫図鑑に拠ると、雌しか見付かっていないので、単為生殖をすると考えられているとのことです。
 一方、昆虫を始めとする節足動物のサイトとして有名な「虫ナビ」を見ると、「本種はカイガラムシを食べる益虫であるが、採集例のほとんどが越冬個体であり、実際に活動している本種の目撃例がほとんどなく、生態には謎が多い.管理人の想像では、恐らく本種は山地性で、越冬の時にだけ比較的暖かい平地に来るのではないかと思っている」とあります。もし山には雄が居ても、越冬前に交尾するのならば、雄はその後じきに死んでしまい、平地に移動するのは雌のみとなり、結果として雄は平地では見つからない、と云うことなのかも知れません。
_100222_116
斜めからみたムツボシテントウ.隙間がない
撮影している間、全く動かなかった
(写真クリックで拡大表示)
(2010/02/22)

 テントウムシ類は、腹面から見ないと分からない特徴が幾つかあります。そこで、テントウムシが動かないのを幸い、これをひっくり返して撮ってやろうと思いました。ピンセット等の道具が無いので、弾力のない極く細い木の枝で細心の注意を払ってやったのですが、やはり小石から下の草むらに滑り落てしまい、この個体もまた行方不明と相成りました。背面からの写真が上下逆さまなので撮り直すつもりだったのですが、これも出来ず仕舞いに終わってしまいました。

|

« コカニグモ(Coriarachne fulvipes | トップページ | シロカネイソウロウグモ(Argyrodes bonadea)の幼体? »

昆虫-7」カテゴリの記事

昆虫(甲虫)」カテゴリの記事

コメント

 tukik様.

 11月27日に漸く帰国しました。
 リンクを張られたとのこと。わざわざご報告頂き恐縮です。
 こちらのブログも「更新+帰国の挨拶」をしなければならないのですが、帰国直後は用事が多いし、天気も悪いので、まだネタ探しにも出掛けていません。

投稿: アーチャーン | 2011年12月 2日 (金) 17時00分

アーチャーンさん、お久しぶりです!
tukikです。
長期出張中だそうですが、ムツボシテントウに似た虫が得られたので、リンクを張りました。
ご報告まで。

投稿: tukik | 2011年10月 6日 (木) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/33503837

この記事へのトラックバック一覧です: ムツボシテントウ(Sticholotis punctata:

« コカニグモ(Coriarachne fulvipes | トップページ | シロカネイソウロウグモ(Argyrodes bonadea)の幼体? »