« シマバエ科Luzonomyza属の1種 | トップページ | チビタマムシ属(Trachys)の1種 »

2010年2月 3日 (水)

フタスジツヤユスリカ(Cricotopus bicinctus

 今日は時間がないので原稿を書くのが簡単な虫を選びました。体長約2.1mm、翅端まで約2.5mm、翅長は2.0mmの小さなユスリカです。触角が羽毛状でないので、雌です。
 見付けたのは、国分寺崖線下の4丁目に生えているビワの木です。以前掲載した「ヒメヨコバイの1種(その3)」と同じ木ですが、撮影日時は異なります。
 ユスリカの属までの検索表は培風館の「ユスリカの世界」に詳しいものが載っています。しかし、何分にも顕微鏡的な特徴が問題となり、写真のユスリカの検索には使えません。こう云う場合は、巻頭に載っている36種のユスリカの写真を見ることにしています。それを見るとエリユスリカ亜科(Orthocladiinae)ツヤユスリカ属(Cricotopus)のユスリカにかなり似ていました。検索表をエリユスリカ亜科から逆に辿ると、M脈とCu脈との横脈(MCu)が無く、R脈はR1、R2+3、R4+5の3脈があることなど、写真のユスリカと一致します。

_01_091219_207
ビワの木の若い幹に留まるフタスジツヤユスリカ
(写真クリックで拡大表示)
(2009/12/19)

 さて、この様な場合、次にすることは画像探しです。属のラテン名(Cricotopus)で画像を検索すると、写真のユスリカに非常に良く似た種類が見つかりました(「BugGuide.Net」には何時も御世話になっています)。しかし、単なる絵合わせでは、とんでも無い間違いをしでかす可能性があります。そこで、例によって双翅目の掲示板「一寸の虫にも五分の魂・改」に御伺いを立ててみました。
 早速、ユスリカの専門家、その名もエリユスリカ氏が対応して下さいました。ツヤユスリカ属の1種であることは間違いないそうで、先ずは一安心です。
_01_091219_211
横から見たフタスジツヤユスリカ.動き回るので
少し腹側からになってしまった
(写真クリックで拡大表示)
(2009/12/19)

 このツヤユスリカ属のユスリカは、雄生殖器の種間差も少なく、厳密に同定するには微細な構造が問題になるそうですが、一方、身近に発生するものはその種数も限られており、腹部の斑紋で十分に種まで同定できるとの御話。写真のユスリカは、Cricotopus bicinctus (Meigen, 1818)の様に見えます、とのことでした。このCricotopus bicinctusの和名は、九州大学の日本産昆虫目録では空欄になっていますが、東京都本土部昆虫目録に拠るとフタスジツヤユスリカとなっています。
 エリユスリカ氏が添付して下さった図(白黒です)では、腹部の第1節全部、第2節の前縁と後縁、第4節の全部が薄い色になっています。「BugGuide.Net」にあった同種の写真も同様です。しかし、写真のユスリカでは、第2節後縁の横帯は認められません。
 些か模様が違うのですが、氏に拠れば、この種は、冬期に出現するものでは、腹部の斑紋が殆ど認識できなくなり、全体真っ黒となる個体が増えて来るそうです。また、この時期の東京の都市河川では最優占種とのことです(かなり以前の調査結果だそうですが・・・)。
_01_091219_216
少し後からの図だが、もう1枚出すことにした
この後、飛んで逃げられてしまった
(写真クリックで拡大表示)
(2009/12/19)

 多少、状況証拠も含みますが、専門家のエリユスリカ氏がその様に見えると言われているのですから、今日のユスリカは、フタスジツヤユスリカ(Cricotopus bicinctus)で決定と致します。
 冬の葉裏には、色々なユスリカが潜んでいます。しかし、低温でも中々敏感で、僅かな刺激を与えるだけで飛んで逃げられてしまいます。以前紹介した「ヒゲユスリカ族の1種」は、陽の当たらない特に寒い場所に居たので何とか撮れましたが、例外的と言えるでしょう。ユスリカの中には、今日の様な綺麗な種類も結構居ますので、機会があればまた紹介したいと思っています(エリユスリカ様、今後とも宜敷御願い致します)。

|

« シマバエ科Luzonomyza属の1種 | トップページ | チビタマムシ属(Trachys)の1種 »

昆虫-7」カテゴリの記事

昆虫(双翅目) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/33236331

この記事へのトラックバック一覧です: フタスジツヤユスリカ(Cricotopus bicinctus:

« シマバエ科Luzonomyza属の1種 | トップページ | チビタマムシ属(Trachys)の1種 »