« ヒシモンナガタマムシ? | トップページ | ヒカゲチョウの幼虫(越冬中:4齢?) »

2010年1月20日 (水)

コマバムツボシヒラタアブ

 今日は久しぶりにハナアブ類を紹介します。一昨年(平成20年)の12月15日掲載のフタホシヒラタアブ以来、1年1ヶ月ぶりとなります。今日紹介するハナアブは、コマバムツシヒラタアブ(Scaeva komabensis:コマバムツシヒラタアブ)と云う余り聞き慣れないヒラタアブの1種です。
 七丁目にある世田谷区の家庭菜園で撮影しました。体長は約13.5mmと大型で、これまでこの辺り(東京都世田谷区西部)で見た記憶はありません。

_100119_050
コマバムツボシヒラタアブ.第2腹節の黄色紋は半月形で短い
第3~4腹節の黄色紋は三日月型で側縁を越える
(写真クリックで拡大表示)
(2010/01/19)

 家庭菜園は季節柄、今は殆ど休業状態です。しかし、小松菜の類や収穫後に残されたブロッコリーの株などがまだかなり沢山あり、その辺りを徘徊していました。動きが緩慢だったので油断をしていたところ、撮影結果を確認している間に逃げられてしまいました。そんな訳で、今日は写真の出来が、些か良くありません。
_100119_056
側面から見ると、額の黒色毛が目立つ
胸部下部や小楯板の毛も長い
(写真クリックで拡大表示)
(2010/01/19)

 このコマバムツシヒラタアブ(或いは、コマバムツシヒラタアブ)、WEB上には余り写真が見当たりません。「埼玉県三郷市・千葉県流山市/昆虫観察ガイド」と云うサイトには、「かつては高山性の稀種と言われたこともあったらしい。秋に高山から平地に移動する移動性があることがわかってからは、普通種となった」と書かれています。普段は低地にいて、夏になると涼しい高地へ避暑に出掛ける習性がある様です(この様な行動様式は、オオクロバエにも見られます)。
_100119_055
斜め上から見たコマバムツボシヒラタアブ
(写真クリックで拡大表示)
(2010/01/19)

 まァ、成城の様な住宅地の中もにいるのですから、稀種の筈はありません。東京都本土部昆虫目録を見ると、皇居、赤坂御所、井の頭公園の3個所で記録があります。また、ハナアブ研究家の市毛氏に拠ると、種の記載に使われた標本に付いているラベルには「KOMABA Tokyo Japan ・・・」と書かれているとのことです(「一寸のハエにも五分の大和魂」No.1903)。こうしてみると、この辺りにいても別段おかしくない種類の様です。
_100119_062
コマバムツボシヒラタアブの顔
顔の黒色中条と複眼の毛が顕著
(写真クリックで拡大表示)
(2010/01/19)

 珍しい種類でもないのにWeb上に写真が少ないのは、恐らく、他のヒラタアブと種類を間違えているのでしょう。ハナアブ類の同定には、中々難しいものがあります。
 このコマバムツボシヒラタアブの特徴を挙げると次の様になります(主に北隆館の大圖鑑と「札幌の昆虫」に拠る)。
 1)体長は11.5~15mmと大型。
 2)第2腹節の黄色紋は上縁が水平で半月状であり、側方は側縁には達しない。
 3)第3~4腹節の黄色紋は上縁が下方に窪んで三日月状となり、側方は側縁に達する。
 4)複眼は有毛。
 5)顔面は黄色、中隆起は顕著で末端は黒褐色(黒色中条がある)。
 6)額(特に上部)に(長い)黒色毛がある。
 7)触角は黒褐色(黒灰色)。
 8)脚は概ね赤褐~黒色。
 9)R2+3脈(翅前縁の色の濃い幅広い部分=縁紋の後にある翅脈)とR4+5脈(R2+3脈の一つ後の翅脈)は、翅端の手前で暫く平行する。
 この内、9)は色々なヒラタアブの写真を見て私が気が付いたことで、正しいか否か、保証の限りではありません。
_100119_048
オマケにもう一枚
(写真クリックで拡大表示)
(2010/01/19)

 最近は、脊柱管狭窄のリハビリを兼ねて、写真を撮りに出かけてばかりいます。写真の整理、調整にはかなりの時間を要します。余り写真を沢山撮ると、結果として原稿を書く時間がなくなってしまい、更新が遅れてしまいます。今日の更新も結局夕方になってしまいました。今後、更新が滞らない様、十分注意するつもりです。

|

« ヒシモンナガタマムシ? | トップページ | ヒカゲチョウの幼虫(越冬中:4齢?) »

昆虫-7」カテゴリの記事

昆虫(双翅目) 」カテゴリの記事

コメント

yamasanae さん

 此方のWeblogではコメントの返事についてはダンマリを決め込んでいたのですが、今年から態度を改めることに致しました。
 今回の写真はどうも質が低くて、全くヒヤヒヤものです。2枚目、3枚目にはブレが少しあります。また、最初の写真はかなりの前ピンをアンシャープ処理で誤魔化しています。
 普段は5mm以下の虫を撮ることが多いので、体長13.5mmもある虫を撮ろうとすると、大き過ぎてマゴマゴしてしまいます。

投稿: アーチャーン | 2010年1月23日 (土) 21時51分

再開、7種目はアブですね。
このブログはいつも参考にさせてもらっていますが、写真が大きくなって、顕微鏡写真も顔負けで、これなら、翅脈もばっちりですね。
改めて、毛深いのにはびっくりです。

投稿: yamasanae | 2010年1月22日 (金) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/33058088

この記事へのトラックバック一覧です: コマバムツボシヒラタアブ:

« ヒシモンナガタマムシ? | トップページ | ヒカゲチョウの幼虫(越冬中:4齢?) »