« ヒゲユスリカ族(Tanytarsini)の1種 | トップページ | お知らせ+シマバエ科のProtrigonometopus maculifrons »

2009年3月30日 (月)

ツタバウンラン

 3月に入ってから、春の雑草としてオオイヌノフグリコハコベヒメオドリコソウの3種を掲載しました。しかし、何れも余りにありふれていて、書く方としても気が引けてしまう様な植物でした。そこで今日は、多少は陳腐でない植物を紹介しようと思います。
 ゴマノハグサ科のツタバウンラン(Cymbalaria muralis)、この辺りではこれまで見た記憶のない植物です。しかし、Googleで検索すると6,500位はヒットするので、決して珍しい植物ではない様です。

_090321_3_062
不動坂下付近に咲いていたツタバウンラン
花の幅は1cm程度.右下に地上を這う茎が見える
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2009/03/21)

 咲いていたのは不動坂下近くにある電信柱の根元です。この辺りは傾斜地なので、石垣が多い所です。ツタバウンランはロック・ガーデンに植えることが多いそうですから、何処かこの近くの御宅で石垣にでも植えたのが逸脱して、電信柱の根元で咲いていたのかも知れません。
_090321_3_065
もう少し近づいて見る.中々可憐な花
(2009/03/21)

 在来種ではなく原産は欧州です。大正元年にロック・ガーデン用植物として渡来したそうで、北海道と本州で野生化しているとのことです。ツタカラクサの別名があります。写真を見ても、茎が地上を這っているのが分かりますが、所々で不定根を出すのだそうです。その不定根により植物体を固定するので、ロック・ガーデンの様なところでも滑り落ちないで済むのでしょう。
_090321_3_071
葉には浅い切れ込みがあり先は僅かに尖る
(2009/03/21)

 花は葉腋に単生します。オオイヌノフグリやコハコベなどよりは少し大きく、幅約1cmあります。花の形は、同じくゴマノハグサ科の雑草、トキワハゼによく似ています。ゴマノハグサ科植物の花には色々な形がありますが(先日のオオイヌノフグリもゴマノハグサ科)、何故か、こう言う形の花を見ると、如何にもゴマノハグサ科と言う感じがしてしまいます。
_090320_1_036
ツタバウンランの花.雌蕊も雄蕊も見えない
(2009/03/20)

 保育社の帰化植物図鑑に拠ると、雌蕊は1個、雄蕊は4個だそうですが、花を外部から見ても雌蕊雄蕊は見えません。花の形(唇形花)の似たシソ科(例えばヒメオドリコソウ)やキツネノマゴ科の植物では、雄蕊は上唇にくっ付いているので良く見えます。同じ唇形でも、やはり科が違うだけあって、花の構造はかなり違います。
_090320_1_041
横から見ると、花の後に距があるのが分かる
(2009/03/20)

 果実は球形で径5~6mm、真ん丸で下垂するそうです。種子は径1mmで基本的に球形ですが、図鑑を見ると、複雑な深い皺を持っています。
_090320_1_048
オマケにもう1枚.花の下側から撮影
(2009/03/20)

 このツタバウンラン、花も葉っぱの形も気に入りました。果実の熟す頃になったら、種子採取を兼ねて、もう一度見に行ってみるつもりです。

|

« ヒゲユスリカ族(Tanytarsini)の1種 | トップページ | お知らせ+シマバエ科のProtrigonometopus maculifrons »

植物」カテゴリの記事

植物(草本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/28874312

この記事へのトラックバック一覧です: ツタバウンラン:

« ヒゲユスリカ族(Tanytarsini)の1種 | トップページ | お知らせ+シマバエ科のProtrigonometopus maculifrons »