« ヒメフンバエ(雌) | トップページ | シナホソカトリバエ(Lispe sinica) »

2009年2月22日 (日)

ノゲシケブカミバエ(Ensina sonchi

 このところ雑用が多く、気が付くと4日も更新を空けていました。今後も暫く忙しい日が続くと思いますので、更新の頻度は以前よりかなり落ちるかも知れません。
 今日紹介するのは、ノゲシケブカミバエ(Ensina sonchi)、以前掲載したセンダングサケブカミバエと同じく、ミバエ科ケブカミバエ亜科(Tephritinae)に属します。体長は3.5mm弱、翅端まで4.5mm強ですから、かなり小さめのハエと言えるでしょう。
 居たのもセンダングサケブカミバエと同じく、七丁目の家庭菜園(世田谷区ファミリー農園)に植えられている菊花の上で、時期も同じ11月下旬です。

02_081126_038
ノゲシケブカミバエ(Ensina sonchi).青い綺麗なミバエ
ミバエとしては翅の模様が少ない
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2008/11/26)

 一応ミバエ科に属すところまでは自分の力で何とか分かりました。しかし、その先の検索表は手元にありません。北隆館の図鑑にはミバエ科はかなりの数載っているのですが、該当する種は見当たりませんでした。そこでまた、双翅目のBBS「一寸のハエにも五分の大和魂」の御世話になることと相成ります。
 すると、北大のウミユスリカ氏から、頭部の形態や翅の斑紋など、ノゲシケブカミバエEnsina sonchi (Linnaeus, 1767)によく似ている、との御回答を頂きました。しかし、この写真のミバエのR2+3脈には、下に矢印で示した様な小さな枝があります。これは、ノゲシケブカミバエには本来ない筈のものだそうです。氏のお話に拠れば、「イエバエ科などでも個体変異で一部の個体に(しばしば左右不相称に)出現することがありますので、その手の形質かもしれません」とのことでした。
02_081126_009am
R2+3脈に枝がある(白矢印).前縁脈はSc脈の終点と
h脈の直後の2個所に切れ目がある.少し翅を拡げているので
翅脈が見易い(写真をクリックして拡大して見てください)
(2008/11/26)

 このEnsina属には、九州大学の日本産昆虫目録やそれよりも新しい上記BBSと同じ運営者による日本産双翅目科一覧でも、ノゲシケブカミバエEnsina sonchi1種しか居ません。R2+3脈に枝があってもノゲシケブカミバエとして良いと思いますが、ウミユスリカ氏は「専門家といっても私の畑はむしろ生態学分野ですし、研究対象として主に触れているのはニクバエ科、クロバエ科、イエバエ科といった有弁類です。(中略)私の写真からの同定は、まだまだ誤同定の危険をはらんでいることをお含みください」と附記されております。
02_081123_037
上より3日前に撮った写真.やはりR2+3脈に枝がある
(2008/11/23)

 このR2+3脈の枝は、2番目の26日に撮った写真ばかりでなく、23日の写真(上)にも見られます。2日置いて同じ個体を撮影したのか、それとも、この辺り(東京都世田谷区西部)のノゲシケブカミバエには、一般にR2+3脈に枝があるのか、興味のあるところです。後者であれば、新変種、或いは、新種の可能性もあります。今年の同じ時期に、今度はカメラだけでなく、ネットも持って出掛ける積もりです。
02_081123_045
真横から見た図.お尻の先端が筒状になっていないので雄
(2008/11/23)

 ノゲシケブカミバエは、ノゲシ類(例えば、ノゲシ)の花(頭花)潜り込んで、その中で生長するそうです。外国のサイトなどでは「a gall fly」と書かれているので虫えいを作る様ですが、全農教の「日本原色虫えい図鑑」には載っていません。
 種名のsonchiは、ノゲシ属のsonchusを形容詞形にしたものでしょう。英語圏では、一般にsonchus flyと呼ばれています。
02_081126_029
オマケにもう1枚.正面からは遂に撮れなかった
(2008/11/26)

 ノゲシケブカミバエは、調べてみると、北隆館の図鑑にチャンと載っていました。しかし、色の記載はかなり異なっています。ここに掲載した写真は、撮ったとき肉眼的に非常に鮮やかな青に見えたので、それに合わせてかなり色温度を低く現像してあります。或いは、実際の色はそれ程青くはなく、青みがかった暗灰色程度であったのかも知れません。また、図鑑の方も、褪色した標本を見て記載した可能性が零ではありません。
 何分にも周りが黄色一色ですから、人間の眼は補色を強く感じる筈です。一方、カメラの方も「黄色カブリ」を起こしますし、また、その時々でかなり色にムラがあり、色温度を一定にすると明らかにおかしな色になってしまう場合があります。実際はどんな色をしていたのか・・・、中々難しい問題です。

|

« ヒメフンバエ(雌) | トップページ | シナホソカトリバエ(Lispe sinica) »

昆虫-6」カテゴリの記事

昆虫(双翅目) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/28298900

この記事へのトラックバック一覧です: ノゲシケブカミバエ(Ensina sonchi:

« ヒメフンバエ(雌) | トップページ | シナホソカトリバエ(Lispe sinica) »