« ウスグモスズ | トップページ | トホシクビボソハムシ »

2008年12月18日 (木)

マミジロハエトリ(雄)

 今日は、昨日掲載したウスグモスズと同じ場所(「四丁目緑地」横の植込み)に居たマミジロハエトリ(Evarcha albaria)の雄を紹介します。ウスグモスズが葉裏に隠れて一時的に見えなくなったとき、近くの葉裏から現れました。ウスグモスズはまた現れましたが、このマミジロは直ぐに葉陰に入ってそれっきりだったので、写真は少ししかありません。
 雄の体長は6~7mm、雌はこれより1mm程度大きく、ハエトリグモとしては中位の大きさです。北海道から九州まで、高地を除く平地や山地に分布するとのことです。

_080924_033
正面から見たマミジロハエトリの雄.白い眉毛が特徴
双眼鏡の様な前中眼がハエトリグモの特徴、その横にある
少し小さな眼は前側眼
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2008/09/24)

 目の上に真っ白な「1本眉」があります。これが雄の一大特徴で、これ一つで雄のマミジロであることが分かります。
 雌には白い眉はありませんが、その代わり、眼域の後にそれを囲む様に淡色の帯があります。丁度、襟巻きをした様な格好です。更に、雌の腹部後端近くには縦に長い楕円形の黒色斑が1対あります。
 なお、「日本のクモ」に拠れば、それ以外の部分は、非常に色彩の変化に富んでいるとのことです。
_080924_035
マミジロハエトリの雄.頭胸部中央の端にある眼は
後側眼.後中眼は小さく白帯の直後にある
引き糸が写っている(2008/09/24)

 2、3番目の写真には、お尻から出ている引き糸が写っています。先日のワカバグモでも引き糸が写っていました。引き糸は、普通は中々写らないものですが、偶然2種連続で写りました。
 前にも書きましたが、クモ類は常にこの引き糸を出しており、何かの拍子で落下しても、この引き糸を手繰ることにより元の場所に戻ることが出来ます。
_080924_036
跳躍する前には脚を内側に曲げて体を丸める
(2008/09/24)

 ハエトリグモはチョコマカと落ち付きなく動き回りますし、小さい割りには体高があります。私の様に焦点深度の浅い100mmマクロで撮るものにとっては嫌な相手です。ついつい絞り込んで撮ってしまうので、余りカチッとした写真になりません。もう少し焦点深度の深いレンズ、或いは、焦点距離の短いコンパクトカメラを使えば、もっと楽に綺麗な写真が撮れると思います。

|

« ウスグモスズ | トップページ | トホシクビボソハムシ »

クモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/26288598

この記事へのトラックバック一覧です: マミジロハエトリ(雄):

« ウスグモスズ | トップページ | トホシクビボソハムシ »