« ウコンカギバ | トップページ | ヨモギエダシャクの幼虫(終齢) »

2008年10月20日 (月)

イヌホオズキ

 もう時季遅れになってしまいましたが、今日はナス科の雑草、イヌホオズキ(Solanum nigrum)を紹介します。家庭菜園(第2ファミリー農園)に行く途中の七丁目にある空地に生えていたものです。
 学名でお分かりの通り、食用のナスと同じナス属の植物です。しかし、果実は直径7mm程度と小さく、熟すと紫黒色になります。勿論、食べられません。
 イヌホオズキは全草にソラニンを含んでいる有毒植物です。しかし、漢方では「龍葵」と称し、解熱剤、利尿剤として使用する様です。なお、ある書籍に拠ると、柔らかい茎や葉は、よく茹でこぼしをすれば、食べて美味しいとのことです。

_080902_1_020
イヌホオズキ.茎が部分的に紫黒色になっている
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2008/09/02)

 イヌホオズキと言うと、何となく在来種の様な響きがあります。しかし、保育社の「原色日本帰化植物図鑑」には、「日本には古い時代に入ったものと思われ・・・」と書かれており、有史前に渡来した所謂史前帰化植物の様です。
 類似種にテリミノイヌホオズキ(S. photeinocarpum)、アメリカイヌホオズキ(S. americanum)があります。
 なお、上記図鑑に拠れば、その他にもムラサキイヌホオズキ、アカミノイヌホオズキ、カンザシイヌホオズキ等があり、「この一群は似たものが多く再検討しないとよくわからない」と書かれています。また、Internetで検索すると、更にオオイヌホオズキという種も出て来ます。残念ながら、こららの種に付いては文献の持ち合わせがありません。此処では、只のイヌホオズキ、テリミノイヌホオズキ、アメリカイヌホオズキの3種に限って考えることにします。
_080902_0_105
イヌホオズキ.上と同じ群落(2008/09/02)

 テリミノイヌホオズキは、名前の通り果実に強い光沢があるので、容易に見分けることが出来ます。
 しかし、これでは果実が無いときには区別が出来ません。私はテリミノイヌホオズキを見たことがないので困るのですが、かなりアメリカイヌホオズキ(後述)に似ている様です。ただし、葉は全縁のことが多く、花数はイヌホオズキに似て多く、また、花色は白で紫色を帯びることは無いそうです。花の付き方は、図鑑に拠れば、アメリカイヌホオズキの様に一点から散形に付きますが、1花だけ離れて付くことがあるとのことです。
_080902_0_107
イヌホオズキの花(その1).白色で紫色を帯びない
(2008/09/02)

 アメリカイヌホオズキは北米からの帰化植物です。北米からの帰化植物と言うと、ヒメムカシヨモギ、セイタカアワダチソウ、オオハンゴンソウ、オオマツヨイグサ等、背が高くて頑丈な植物を思い浮かべますが、このアメリカイヌホオズキはイヌホオズキよりずっと華奢で一寸意外な植物です。写真のイヌホオズキが生えていた空地にアメリカイヌホオズキの群落もありましたので、何れ紹介する予定です。
_080902_1_007
イヌホオズキの花(その2)
(2008/09/02)

 「ずっと華奢」と言っても良く分からないでしょうから、イヌホオズキとアメリカイヌホオズキの具体的な違いを書いておくことにしましょう。
 先ず、葉がイヌホオズキでは色濃くやや厚めで幅も広くシッカリした感じですが、アメリカイヌホオズキの葉は、やや細めで薄くペラペラしており、色も薄めです。なお、図鑑によると、何方も粗い鋸歯があることが多いとのことですが、写真のイヌホオズキでは全縁になっています。
 茎は何れも斜上します。しかし、前者では太めでシッカリ立つのに対し、後者では細く半分蔓の様な感じで横に拡がります。また、前者の茎の色は濃く、時に紫黒色を帯びることがありますが、後者は葉と同じ薄めの色です。
_080902_1_001
花の拡大(2008/09/02)

 花は何れも基本的に同じ形をしています。しかし、花冠の径はイヌホオズキが6~7mm、これに対してアメリカイヌホオズキでは4~5mmとやや小さめで、また、少し細めです。
 大きく異なるのは、花の色です。前者の花は白だけですが、後者の花は屡々紫色を帯びます。近縁種で花が紫(青)色を帯びるのはアメリカイヌホオズキだけだそうですから、これは大いに役立つ区別点になります。
_080902_1_011
色づき始めた果実(2008/09/02)

 果実は何方も艶の少ない紫黒色です。しかし、アメリカイヌホオズキの方がやや小さい様で、また、若干艶があります。イヌホオズキでは花枝に数~10個程度付くのに対し、アメリカイヌホオズキでは2~5個しか付きません。
_080908_0_017
上から見た未熟な果実.花軸に沿って交互に花柄が出る
(2008/09/08)

 イヌホオズキでは、写真で示したとおり、花柄は花軸に沿って交互に1つずつ出ます。一方、アメリカイヌホオズキでは、花柄は集中して花軸のほぼ1個所と言って良い位の狭い範囲から散形に出ます。これも変化の少ない重要な区別点です。
_080908_0_006
熟した果実.艶がない(2008/09/08)

 イヌホオズキはアメリカイヌホオズキよりも花期が1ヶ月程早い様です。比較のためにアメリカイヌホオズキの実が熟すのを待っていたのですが、その実が熟す頃には、イヌホオズキの方はもう枯れ始めていました。

|

« ウコンカギバ | トップページ | ヨモギエダシャクの幼虫(終齢) »

植物-1」カテゴリの記事

植物(草本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/24626360

この記事へのトラックバック一覧です: イヌホオズキ:

« ウコンカギバ | トップページ | ヨモギエダシャクの幼虫(終齢) »