« シロズヒメムシヒキ | トップページ | アワダチソウグンバイ »

2008年9月 3日 (水)

キセルガイの1種

 今日は時間がないので、写真1枚だけの「キセルガイの1種」を紹介します。
 「七丁目緑地」に生えている大きな樹(種類は忘れました)の1.5m位の高さに居ました。長さは2cm程ありこの辺りでは滅多に見ることのない大きさなのと、樹上に居るのは珍しいと思ったので、写真を撮りました。1枚しかないのは、位置が高く、また、樹皮の窪みに居たので、他の方向から撮ることが出来なかったからです。
 キセルガイは陸産貝類ですが、カタツムリとは異なり縦に細長い巻貝です。眼に触れる機会は少ないかも知れませんが、土の上に直接置いた植木鉢などを動かすと、その下によく居ます。眼に触れない割りには種類が多く、日本だけでも200種位が棲息しています。但し、移動性が弱いので、分布の狭い種類が大半の様です。

_080720_002
樹皮の窪みに居たキセルガイの1種
(クリックで拡大表示)
(2008/07/20)

 キセルガイを見分けるには貝殻の口の部分が重要で、写真では殆ど見えませんから、種類は調べようがありません。ナミギセルと言うかなり大型の種類がこの辺りにも居るらしいので、それかも知れませんが、確証がありません。
 些か無責任ですが、樹上にこんな大きなキセルガイが居るのは始めて見たので、敢えて掲載した次第です。
 なお、貝の右側の樹皮にハエの1種が留まっています。また、貝殻の先端の裏に何か正体不明の虫が居ます。或いは、寄生性の昆虫かも知れません。

|

« シロズヒメムシヒキ | トップページ | アワダチソウグンバイ »

その他の動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/23463438

この記事へのトラックバック一覧です: キセルガイの1種:

« シロズヒメムシヒキ | トップページ | アワダチソウグンバイ »