« ヨツスジトラカミキリ | トップページ | ウスカワマイマイ »

2008年8月22日 (金)

ヒルガオトリバ

 今日はトリバガ科の1種を紹介します。トリバガとは「鳥羽蛾」の意で、翅が前翅後翅の2片ではなく、前翅は普通2本、後翅は3本の羽毛状の枝に分かれている変わり種です。以前紹介したアヤニジュウシトリバ(ニジュウシトリバガ科)に近い仲間で、ニジュウシトリバの場合は各翅が6本に分かれ、左右の前翅後翅で合計24本になるのでその名があります。
 九州大学の目録には56種が載っていますが、この辺り(東京都世田谷区)にも少なくとも数種類以上が居る様です。しかし、何分にも留まるときには写真の様に翅を極端に畳んでしまうので、種類の判別が中々困難です。この写真も、どうせ種類が分からないだろうと思い、没にする予定だったのですが、「みんなで作る日本産蛾類図鑑」その他で調べてみるとヒルガオトリバの様なので、掲載することにした次第です。

_080705_037
ヒルガオトリバ.「昼顔鳥羽」の意.トリバガ科
これでも蛾である
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2008/07/05)

 しかし、何とも奇妙な形をした蛾です。このヒルガオトリバは比較的大型で、開帳が2cm前後あり、少しは蛾という感じがしますが、もっと小さいと、一見大きな蚊が留まっている様にも見えます。
 虫のことを余り御存知ない方には、これが蛾とはとても思えないらしく、虫の掲示板やWeblogなどで「不可解な虫」として登場しているのを屡々見かけます。
_080705_049
留まっているところを真上から撮ったもの
ぶら下がる様に留まることが多いので背側からは撮影し難い
(2008/07/05)

 トリバガは格好は奇妙ですが、決して珍しい蛾ではなく、我が家の庭でも時々見かけます。しかし、夜行性の小さな蛾と同じで、直ぐに葉裏に逃げ込んでしまうので中々撮影の機会がありません。
 今日掲載した写真は「三ツ池緑地」で撮りましたが、偶々周囲にイネ科の雑草しかなかったので身を隠すところがなく、比較的楽に撮影することが出来ました。
_080705_053
こう言う角度でトリバを撮る機会は非常に少ない(2008/07/05)

 トリバガと間違え易い名前にトガリバがあります。「鳥羽蛾」と「尖羽」ですから全然違うのですが、カタカナで書かれていると間違える可能性があります。トガリバガ類はトガリバガ科、或いは、カギバガ科トガリバガ亜科に属し、多くは開帳3cm程度の普通の蛾です。
_080705_035_2
斜め横から見るとこんな感じ.留まっているイネ科の葉は
ほぼ垂直であったと記憶している(2008/07/05)

 蛾類の名称では、科名には「・・・ガ科」と蛾の意味を付けますが、種名には最後の「ガ」を付けません。このヒルガオトリバも名前の終わりに「ガ」が付きませんが、科名はトリバ科ではなくトリバガ科です。トガリバガ科がトガリバ科になっていたりするのを屡々見かけますが、私自身もつい書き間違えることがあります。

|

« ヨツスジトラカミキリ | トップページ | ウスカワマイマイ »

昆虫-4」カテゴリの記事

昆虫(蛾)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/23162539

この記事へのトラックバック一覧です: ヒルガオトリバ:

« ヨツスジトラカミキリ | トップページ | ウスカワマイマイ »