« キクスイカミキリ | トップページ | サッポロトビウンカ »

2008年8月 5日 (火)

サキグロムシヒキ


 今日紹介するサキグロムシヒキは、先日紹介したシオヤアブと同じムシヒキアブ科に属します。シオヤアブよりは小さいですが、ムシヒキアブとしてはやや大型です。

 腹部は太く、全体的に白っぽいのですが、先端だけは真っ黒です。脚も真っ黒で、長くて丈夫そうな剛毛が目立ちます。脚には茶色に見える部分がありますが、これは茶色の毛が生えているからで、脚自体の色は黒です。


_080705_101_2

サキグロムシヒキ.ムシヒキアブとしてはやや大型

(クリックで拡大表示、以下同じ)

(2008/07/05)



 撮影場所は「三ツ池緑地」です。この辺りでは極く普通の種類で、我が家の庭にも現れることがあります。実は、昨年も「三丁目緑地」で撮ったのですが、写真が気に入らなくて没にしてしまいました。

_080705_100_2

腹部の先端が真っ黒.脚も真っ黒で所々に褐色の毛が生えている

脚の剛毛が目立つ(2008/07/05)



 シオヤアブと同じく、夏にしか現れない種類の様です。春に見かけるムシヒキアブは
マガリケムシヒキ
で、これは晩春にはもう居なくなります。

_080705_098_2

サキグロムシヒキの顔.シオヤアブ程は威厳がない(2008/07/05)



 ムシヒキアブ類は、大きさから想像されるよりも、ずっと強力な捕食者です。自分に自信があるのか?、余り人を恐れません。撮影する方にとっては、実に楽な被写体です。

_080705_105_2

オマケにもう1枚.こんなに脚を拡げて留まることは珍しい

(2008/07/05)



 この辺りには、夏になると出現するムシヒキアブが少なくとももう一種類居ます。近々紹介する予定です。


|

« キクスイカミキリ | トップページ | サッポロトビウンカ »

昆虫(双翅目)-1」カテゴリの記事

昆虫-4」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。