« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の3件の記事

2008年2月29日 (金)

ハクセキレイ

 新たな写真を撮りに行く暇がないので、今日は、先月の末に仙川(川の仙川)で撮ったハクセキレイを紹介します。
 セキレイの様な小型の鳥を紹介するのは今回が初めてです。以前は200mmまでの望遠しかなかったので水鳥の様な大型の鳥しか撮れませんでしたが、先日300mmまでの安い望遠ズームを買ったので、小型の鳥も何とか撮ることが出来る様になりました。

_080128_179
ハクセキレイ(その1)
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2008/01/28)

 セキレイ類は、この辺りでは、仙川も含めて、余り多くありません。成城付近の仙川では、成城大学の横からその上流にかけて、2~3羽見かける程度です。ハクセキレイの他にキセキレイも居ますが、セグロセキレイは最近は見た記憶がありません。昔はセグロも居た様な気がするのですが、成城で見たのか、別の場所で見たのか、記憶がハッキリしません。
_080128_182
ハクセキレイ(その2)
(2008/01/28)

 写真のハクセキレイは背中が灰色です。これは冬羽で、夏にはこの部分が黒くなります。黒くなると、遠目にはセグロセキレイと良く似た感じになりますが、眼を横切って黒いスジがある(過眼線)のがハクセキレイで、眼の上に白いスジがある(眉斑)のがセグロセキレイです。黒(筋)->白(セキレイ)、白(筋)->(背)黒(セキレイ)ですから、筋の色と名前が反対になると憶えておけば間違えることはありません。
_080128_184
ハクセキレイ(その3)
(2008/01/28)

 ハクセキレイは川辺によく見られます。しかし、食性は雑食だそうですから、川のないところに居てもおかしくありません。時々、住宅地の中の広い空き地や駐車場で見ることがあります。
_080128_185
ハクセキレイ(その4)
(2008/01/28)

 まだ、朝晩は結構寒く、今朝は霜も降りていました。しかし、日中はコートを着ていると汗ばむ程暖かくなって来ました。カメラを持ってブラブラと出かけるには良い季節と思いますが、残念ながらその余裕が有りません。

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

ニジュウヤホシテントウ

 些か多忙で、更新する暇がありません。今月は、今回でまだ2回目の書き込みですが、後4日で3月になってしまいます。少しサボり過ぎの様です。
 今年撮った写真は有るのですが、今日は、「三丁目緑地」で今行われている環境整備工事(=環境破壊工事)で無くなってしまった草原で、昨年の7月に撮った、ニジュウヤホシテントウを紹介することにします。

_070727_0
ニジュウヤホシテントウ.体に毛が多く艶がない
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2007/07/27)

 ニジュウヤホシテントウはよく知られている様に、テントウムシの中では少数派の植物食のテントウムシです。オオニジュウヤホシテントウ、ヤマトアザミテントウ、エゾアザミテントウ等によく似ていますが、これらはみな、マダラテントウ亜科(Epilachinae、マダラテントウ族Epilachnini)、マダラテントウ属(Epilachna)に属し、何れも植物食です。
 アブラムシやカイガラムシを食べるのと植物食では随分違う様な気もしますが、歯は何れも咀嚼型なので、形態的には普通のテントウムシ類と余り違いはない様です。しかし、この仲間は体に細毛が密生しているので、この辺りでよく見るテントウムシとは異なり艶が有りません。
 よく見かけるナミテントウヒメカメノコテントウナナホシテントウキイロテントウ等はみな毛が無く艶があります。しかし、体に細毛が生えているテントウムシは種類の上からは非常に多く、テントウムシ全体を見ると、艶の有る方が少ない位です。
_070727_1
ニジュウヤホシテントウの顔.普通のテントウムシによく似ている(2007/07/27)

 ニジュウヤホシテントウはジャガイモなどの害虫として知られています。三丁目緑地で何を食べていたのかは、実は、良く分かりません。葉が殆ど丸坊主になっていて、種類の判別が出来なかったからです。ジャガイモだけでなく、色々なナス科植物の葉を食べるとされています。
_070727_2
横から見たニジュウヤホシテントウ.毛が光って見える(2007/07/27)

 ニジュウヤホシテントウは、ナナホシテントウと同じく、昔は我が家の庭でも見ましたが、最近は全く見ることがありません。悪玉テントウムシの1種とは言え、久しぶりに見付けてとても懐かしい思いがしました。しかし、世田谷区の環境整備工事とやらで、その生息地は完全に潰されてしまいました。

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

ヒトツメヨコバイ

 このところ忙しくて、なかなか更新をする暇がありません。新たに写真を撮りに行く暇は尚更ありませんので、1月に撮った写真を出すことにします。
 今日紹介するのは、「三丁目緑地」に生えているヤツデの葉裏に居たヒトツメヨコバイです。翅は破れていますし、写真自体も余り良くありませんが、居たのはこの1頭のみなので、これで御勘弁願います。

_080111_011
ヒトツメヨコバイ.体長5mm程度
上に居るのはクロスジホソサジヨコバイの幼虫
(クリックで拡大表示、以下同じ)
(2008/01/11)

 ヒトツメヨコバイ(一眼横這)と言う名前は、頭頂部に黒斑が一つあることから命名されたと思われます。しかし、眼にも黒斑があるので三眼の様にも見えます。因みに、「ミツメヨコバイ」と言う種類は存在しない様です。
_080111_015
横から見たヒトツメヨコバイ(2008/01/11)

 斑紋のよく似た種類にヒトツメヒメヨコバイと言うのがあります。ヒトツメヨコバイよりもやや細長く、黒斑が頭頂の前方にあります。ヒトツメヨコバイの黒斑は頭頂の後の方にあるので真上から良く見えますが、ヒトツメヒメヨコバイの場合は頭頂の前の方にあるので、真上ではなく少し正面からでないと良く見えません。
 ヒトツメヨコバイが何を食べているのかは、調べてみましたが、良く分かりませんでした。北隆館の図鑑には「雑草間で獲られる」と書かれています。
_080111_019
正面から見たヒトツメヨコバイ(2008/01/11)

 先日、「三丁目緑地」の直ぐ傍にある「オーケーストア」に買い物に行ったら、「三丁目緑地」の東南にある湧き水の横で工事をしていました。一寸した草原が残っていて、子供達の遊び場になっていたのですが、成城自治会の会報「砧」に拠ると、この部分を整備して公園にするとの様です。
 この草原は、これまでに紹介したナナホシテントウイネホソミドリカスミカメ(アカヒゲホソミドリカスミカメ)コバネヒョウタンナガカメムシヒゲナガカメムシ等を撮ったところですが、これでもう虫は居なくなってしまいます。また、この部分にはサワラのかなり大きな木が3本位と、昨年の春に掲載したエゴノキやイボタ等が生えていたのですが、何れも切られてしまいました。もうこの手の環境整備と称する環境破壊はいい加減にして欲しいものです。造園業者の利益の為にやっているとしか思えません。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »