« イトカメムシの幼虫 | トップページ | オオイヌタデ »

2007年10月 3日 (水)

オオミノガの幼虫(オオミノムシ)

 「四丁目緑地」に生えているオオケタデ(オオベニタデ)に懐かしい虫が付いていました。オオミノムシ、オオミノガの幼虫です。昔は冬になると、庭の木々の彼方此方にこのオオミノムシがぶら下がっていて、中々風情があったものです。もうこの様な大きなミノムシを見なくなってからどれ位経つでしょうか。20~30年ぶりと言う感じがします。
 大阪方面では、中国で天敵退治に導入されたと言うオオミノガヤドリバエが侵入して、オオミノガは壊滅状態だそうですが、この辺りでは、それ以前から著しく減少していると思います。

_l_070923_0
オオケタデに付いたオオミノガの幼虫(2007/09/23)

 オオケタデに一生懸命くっ付いているミノムシを剥がすのも気の毒なので、今日はこの写真1枚だけです。
 このまま越冬して、来年の夏頃に羽化するのだそうですが、チャンと成虫になって欲しいものです。

|

« イトカメムシの幼虫 | トップページ | オオイヌタデ »

昆虫-2」カテゴリの記事

昆虫(毛虫、芋虫)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イトカメムシの幼虫 | トップページ | オオイヌタデ »