« オオミノガの幼虫(オオミノムシ) | トップページ | キゴシハナアブ »

2007年10月 4日 (木)

オオイヌタデ


 「四丁目緑地」にはオオケタデ(オオベニタデ)と一緒にオオイヌタデも生えています。オオケタデはタデ類では最も大きく高さ2mになりますが、オオイヌタデも170cm位に成長しているものがありました。図鑑には高さ120cmと書かれていますから、かなり良く生長していると言えます。


_070923_0

オオイヌタデの群落(2007/09/23)



 オオイヌタデもオオケタデ同様、昔は良く生えていた植物ですが、最近、この辺りでは殆ど見かけません。オオケタデと同じく、何故、ここに沢山生えているのか不思議です。


_070923_2

オオイヌタデの枝先(2007/09/23)



 花の色は桃色ですが、白っぽく薄汚れた感じで、オオケタデの様に綺麗ではありません。

 このオオイヌタデにも色々虫が来ています。しかし、オオケタデの方が沢山来る様です。

_070923_1

オオイヌタデの花穂(2007/09/23)



 それでも、面白いアブが来ていました。次回はこのアブを紹介する予定です。


|

« オオミノガの幼虫(オオミノムシ) | トップページ | キゴシハナアブ »

植物-1」カテゴリの記事

植物(草本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。