« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | アカヒメヘリカメムシ »

2007年10月28日 (日)

スカシヒメヘリカメムシ


 「四丁目緑地」に居たカメムシの続きです。

 オオイヌタデには集っても、エノコログサ(ネコジャラシ)には殆ど居なかったのが、このスカシヒメヘリカメムシです。ヒメヘリカメムシ科に属す、体長約7mmの比較的小さなカメムシです。

 普通の感覚では7mmと言うのは小さい虫だと思いますが、カメムシの仲間には2~3mmのものも沢山いるので、これでも「比較的小さな」方なのです。


_071017_0

スカシヒメヘリカメムシ.体長約7mmで翅が透明

(クリックで拡大表示、以下同じ)

(2007/10/17)



 このカメムシは体色にかなりの変異があります。下の写真はかなり黒味が強い個体ですが、赤っぽくて近縁のアカヒメヘリカメムシに似た様な感じがするものもあります。

_070928_0

スカシヒメヘリカメムシ.体色にかなりの変異があるがこれは黒い方(2007/09/28)



 このスカシヒメヘリカメムシは、やはりイネその他の作物に寄生するとのことです。しかし、先日のヨツボシヒョウタンナガカメムシ同様、農業上の害虫としてはその名は余り知られていない様です。

1_071005_0

5齢幼虫と羽化後間もないスカシヒメヘリカメムシの成虫(2007/10/05)



 幼虫もかなり居て、成虫と一緒に数頭が固まっていることがしばしば有ります。ある種のカメムシに良く見られる習性です。

_071005_0

羽化したてのスカシヒメヘリカメムシ.翅がまだ透明でない(2007/10/05)



 羽化したての成虫は、翅が不透明、色合いも薄いので、直ぐに分かります。10月上旬の時点では、上の写真の様な羽化直後と思われる個体が沢山居ました。

_071005_2

これも羽化後余り経っていない個体と思われる(2007/10/05)




_071005_3

上の個体を横から見たもの(2007/10/05)



 「四丁目緑地」に居たカメムシは、まだ幾種類かあります。続けて掲載したいのですが、明日から数日不在となりますので、このWeblogも暫し御休みと相成ります。


|

« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | アカヒメヘリカメムシ »

昆虫(カメムシ)-1」カテゴリの記事

昆虫-1」カテゴリの記事

昆虫(カメムシの幼虫)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。