« アヤニジュウシトリバ | トップページ | プラタナスグンバイ »

2007年7月16日 (月)

キイロテントウ


 テントウムシと言うと、幼虫、成虫共にアブラムシやカイガラムシを捕食する種類が多いですが、中には妙なものを食べるのが居ます。このキイロテントウは、幼虫、成虫共に専らウドン粉病の菌体(白渋菌)を餌にしています。

 「三丁目緑地」の一角に以前紹介したシャクチリソバが群生しているとことがあります。その中にノゲシの様なものが幾株か生えており、これがかなり酷くウドン粉病に罹っていました。居るかな~と、思って見てみると、やはり居ました。


_070706_0_1

キイロテントウ(その1)(2007/07/06)



 名前の通り、模様のない明るい鮮やかな黄色をしています。最も普通のナミテントウやナナホシテントウよりも小さく、体長5mm程度。胸部には黒斑が2つあり、一見してキイロテントウであることが分かります。

 個体数は多くはありませんでしたが、葉裏で交尾している雌雄も見付けました。

_070706_1_1

交尾中のキイロテントウ(2007/07/06)



 拡大写真を見ていると、何か工事現場で使用しているヘルメットの様な感じがしてきます。更に良く細部を観察すると、胸部も鞘翅も縁は透明の様に見えます。しかし、本当に透明なのかは良く分かりません。

_070706_2_1

キイロテントウ(その2)(2007/07/06)



 白渋菌を食べるテントウムシはこのキイロテントウだけではなく、他にシラホシテントウ、シロジュウゴホシテントウ、外来種のクモガタテントウ等も白渋菌を餌にしています。どの様な進化の過程で菌食になったのか、一寸興味のあるところです。

_070706_3_1

キイロテントウ(その3)(2007/07/06)



 これで撮り溜めたネタが無くなりました。昨日は台風で大雨が降りましたが、地面や下草が乾いたら、また、三丁目緑地に出かけることにします。


|

« アヤニジュウシトリバ | トップページ | プラタナスグンバイ »

昆虫-2」カテゴリの記事

昆虫(甲虫)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。