« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の2件の記事

2007年5月29日 (火)

ニワゼキショウ

 昭和から平成になって無くなったものの一つが空き地だそうです。確かに、「開いている土地」は沢山あるのですが、多くは柵がしてあって中に容易に入れない様になっています。私の住んでいる町などでは、頑丈な針金の網で出来た柵で囲ったり、酷いところになると金属板を使って中が見えない様にしている所もあります。
 それでも、所々、縄を張っただけで中に入れる所があります。そんな、空き地の一つにニワゼキショウが沢山咲いていました。

_070520_3
白花のニワゼキショウ(2007/05/20)

 子供の頃には彼方此方によく咲いていた草で、懐かしい草の一つです。特に、昔多かった芝生を植えた御屋敷の庭に、芝生に混じって生えていた様な気がします。
_070520_0
赤紫のニワゼキショウ(2007/05/20)

 北米原産の帰化種ですが、とても可憐な花を着けます。北米原産と言うと、ヒメジョオン、ヒメムカシヨモギ、セイタカアワダチソウ、オオハンゴンソウの様な、ヒョロヒョロして先の方にゴショゴショと花の着くキク科植物を思い浮かべます。しかし、中にはこういう愛らしい花もあるんですね。
 ちなみに、ニワゼキショウはアヤメ科に属します。
_070520_4
白花ニワゼキショウの花(2007/05/20)

 全体が淡赤紫色の花を着けるものと、白色で中心部が紫色の花を着けるものがあります。分類学的にはかなりの混乱があるらしく、同じ種類なのか別種なのか良く分かりません。
_070520_1
赤紫ニワゼキショウの花(2007/05/20)

 実生で増えますから、もう少ししたら種子を採って来て、自宅の庭に播いてみようと思っています。こう言う花なら、増えても大して困りません。

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

エゴノキの花

 前回の更新から丁度1ヶ月経ってしまいました。どうも、自分の家の庭では色々な昆虫を見かけるのですが、表に出るとまるで見つからない。それで、もう1つのWeblog「我が家の庭の生き物たち」の方は連日の如く更新しているのですが、こちらの方はサッパリ。
 花の方も、最近はまた出不精になっているものですから、気が付いた時には花期を過ぎていて撮らずじまいになってしまったものが沢山あります。
 今日紹介するエゴノキも、実は花期が一寸過ぎていました。それでも少し離れて全体を撮る分にはまだ辛うじて間に合いました。もう散り始めていて、個々の花の拡大を撮るには遅かったので、全体の写真1枚しかありません。本当は、没にするつもりだったのですが、雨上がりの夕日を浴びて一寸華やかなので、思い直して掲載することにしました。

_070517_1
満開のエゴノキの花(2007/05/17)

 最近は、エゴノキを庭木として植えているのを屡々見かけます。しかし、国分寺崖線付近では昔から雑木の1種として林の中に生えていました。この写真の木もその様な自然に生じたもので、かなり大きな木です。
 子供の頃は、果実が毒だというので、余り近づかない様にしていました。その「危険な木」が庭木として植えられているのを見ると、何とも奇妙な感じがします。

 これからは、せめて週2回位は更新したいと思っております。今後とも御見捨て無きよう、御願い申し上げます。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »