« シロスジベッコウハナアブ | トップページ | オオスズメバチ »

2006年11月 8日 (水)

ベニシジミ


 喜多見との境に当たる国分寺崖線の下側に生息する蝶の中から、今回はベニシジミを紹介します。

 ベニシジミはありふれた蝶ですが、昔から町中では見ない種類なので、30年ぶりに実家に戻ってから崖線下で最初に再会したときは少し感激しました。


_0_061012_1

ベニシジミ.今頃綺麗な個体は少ない(2006/10/12)



 ベニシジミの食草はタデ科のスイバ(スカンポ)やギシギシで、確かにこれらは町中の空き地では見かけません。なぜ、町中には生えないのか、考えてみるとちょっと不思議です。何れも帰化種ではなく在来種のせいでしょうか。

_1_061012_1

コセンダングサで吸蜜するベニシジミ(2006/10/12)



 ベニシジミの写真は、どういう訳か、余りたくさん撮っていませんでした。普通種中の普通種なので、つい無視してしまったのかも知れませんが、等倍接写の写真が無いところを見ると、かなり敏捷で近づきにくいのが写真の少ない理由のようです。


|

« シロスジベッコウハナアブ | トップページ | オオスズメバチ »

昆虫(蝶)」カテゴリの記事

昆虫-2」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベニシジミ:

« シロスジベッコウハナアブ | トップページ | オオスズメバチ »