« マダラコシボソハナアブ | トップページ | アキアカネ »

2006年11月20日 (月)

コアオハナムグリ


 最近は忙しくて更新が進んでいません。もう少し古くなってしまいましたが、セイタカアワダチソウに来ていた虫の話を続けることにします。

 今日は、ハナムグリです。花にやってくる普通種のハナムグリには互いに良く似たハナムグリ、アオナハムグリ、コアオハナムグリの3種がいますが、これはコアオハナムグリの様です。体長は13mm前後で、名前の通り小型です。

 最近は町中では全く見かけません。しかし、国分寺崖線下にはまだ沢山いて安心しました。


_0_0_061010

コアオハナムグリ.背中は褐色(2006/10/10)



 色彩の個体変異が大きく、緑色から赤味を帯びた茶色まであり、背中(前翅)の斑紋も変化に富んでいます。また、上の3種の中では最も毛深い種類です。

_2_061010_2

コアオハナムグリ.名前の通り緑色(2006/10/10)



 見た通りコガネムシに近い仲間ですが、幼虫はネキリムシではなく、カブトムシに似て朽ち木などの腐植の中に棲んでいます。

_3_061010_1

コアオハナムグリ.少し金色を帯びているように見える(2006/10/10)



 個体数はかなり多いのですが、みな体を丸め頭を花の中に突っ込んでいて、中々良い写真が撮れません。モデルとしては失格です。


|

« マダラコシボソハナアブ | トップページ | アキアカネ »

昆虫-2」カテゴリの記事

昆虫(その他)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コアオハナムグリ:

« マダラコシボソハナアブ | トップページ | アキアカネ »