« オオセイボウ | トップページ | ツマグロキンバエ »

2006年11月26日 (日)

ハシビロガモ(雌)

 先日、例によって早朝に仙川の縁を散歩していると、妙なカモがいるのに気がつきました。遠目にはオナガガモの雌の様に見えましたが、嘴が大きい。
 ハシビロガモです。

__0_061112
ハシビロガモの雌.嘴が大きい(2006/11/12)

 雌1羽のみです。
 大きさは、オナガガモよりやや小さく、一番下の写真では奥にいるヒドリガモよりも少し小さく見えますが、実際は殆ど同じ大きさです。
__1_061112
ハシビロガモの雌.嘴はシャモジの様(2006/11/12)

 このシャモジのような嘴を使って、水中のプランクトンや植物の種子などを漉し取るのが得意なのだそうです。
__2_061118
ハシビロガモの雌.奥はヒドリガモの雄(2006/11/18)

 数日後にまた行ってみましたが、相変わらず1羽のみで、寂しく(?)泳ぎ回っていました。
 雌の模様は地味ですが、雄は黒と白のコントラストの強い色合いをしています。この雌のためにも、雄が来ればよいのにと思っていますが、まだ現れないようです。

|

« オオセイボウ | トップページ | ツマグロキンバエ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオセイボウ | トップページ | ツマグロキンバエ »