« ウドの実とオンブバッタ | トップページ | キアゲハの幼虫 »

2006年10月 3日 (火)

カワウ

 成城は、東は仙川を、西は野川を境にしています。先日、仙川にカモ類でも居ないかと思って朝早く行ってみました。思ったよりも沢山のカモが居ましたが、それより驚いたことにカワウがいて、魚を獲っていました。
 今まで仙川でカワウを見た記憶はありません。

_0_060925
仙川を泳ぐカワウ(2006/09/25)

 普通は仙川も野川も浅くてカワウが潜れるような深さはないのですが、ここしばらく雨が続いたせいか、仙川は50cm以上の深さのあるところもかなり生じているようです。
_1_060925
魚を捕まえて飲み込むカワウ(2006/09/25)

 仙川には放流された大きなコイがいますが、カワウの餌になるような大きさの魚がいるとは知りませんでした。写真から判断すると、放流した魚にしては些か小さいような気がします。
 しかし、仙川で魚が自然繁殖しているというのは一寸考え難いことです。誰かが川に魚を放したのかも知れません。
 何分にもまだ陽の当たる前なので、色の方は全く奇妙な色になってしまっています。カワウが随分青く写っていますが、これでも色をギリギリまで修正しています。
_2_060925
羽を干すカワウ(2006/09/25)

 私が写真を撮りだしたのが気にくわないのか、或いは、もう満腹なのか、カワウは下流の方へ飛んでいってしまいました。もう少し撮りたかったな、と思いながら少し下流に行くと、なんとカワウが岸辺で翼を広げて羽を干していました。
 翼を広げたままで体は動かしませんが、頭は頻繁に右や左へ向け、周囲に充分注意を払っています。
_3_060925
ようやく陽が射してきた(2006/09/25)

_4_060925
羽を乾かし終わったカワウ(2006/09/25)

 10分位で干し終わりました。魚を獲っているときや羽を広げているときは怖い顔をしていましたが、羽を干し終わって畳んだ後は何だか風呂上がりのようなサッパリした表情に変わりました。

|

« ウドの実とオンブバッタ | トップページ | キアゲハの幼虫 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/3676715

この記事へのトラックバック一覧です: カワウ:

« ウドの実とオンブバッタ | トップページ | キアゲハの幼虫 »