« モンキチョウ | トップページ | イシミカワ »

2006年10月26日 (木)

キンクロハジロ

 最近は朝起きがけに仙川(川の仙川)に散歩に行くことが多くなりました。カモ類がかなりいるからです。私の使っている機材では、小鳥はとても無理ですが、カモ位の大きさの鳥ならば何とかなります。
 既に紹介したカルガモの他にオナガガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロなどがいます。コガモと思しき鳥もいますが、今は時期的に繁殖羽ではない(エクリプス)ので、私にはまだ良く識別できません。
 今日はその中から、キンクロハジロを取り上げることにしました。

_0_061021
キンクロハジロ(2006/10/21)

 キンクロハジロは仙川にいる他のカモ類とは違って、潜水を得意としています。潜水している時間は普段は10秒に達しませんが、ときにまるで鵜のように20~30秒潜り続け、15mくらい離れたところにポカリと浮き上がることもあります。
_1_061017
潜水を始めるキンクロハジロ(2006/10/17)

 仙川は成城付近では両岸が高くなっており、水も澄んでいますから、潜水中のキンクロハジロを何枚か撮ることができました。
_2_061017
潜水中のキンクロハジロ.その1(2006/10/17)

_3_061017
潜水中のキンクロハジロ.その2(2006/10/17)

 成城付近の仙川ではキンクロハジロはどうも1羽しかいないようで、もっぱら東宝日曜大工センターの脇で潜っています。好物の餌がその辺りに多いのでしょう。
_4_061017
何か獲物をくわえてきて水上で食べるキンクロハジロ(2006/10/21)

 キンクロハジロの顔を見ていて、どこかで見た顔だと思いました。キンクロハジロの嘴は普通のカモ類の様に先細りにならず、かえって少しラッパ状に拡がっているような感じがします。眼はいつも怒ったようなキツイ眼です。
 よく考えてみたら、眼は少し小さいですが、これはドナルドの怒った顔に似ています。しかし、ドナルドと違って、騒がしく叫き立てることはありません。

|

« モンキチョウ | トップページ | イシミカワ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156274/3957720

この記事へのトラックバック一覧です: キンクロハジロ:

« モンキチョウ | トップページ | イシミカワ »