« カルガモ | トップページ | ホシホウジャク(幼虫と成虫) »

2006年10月 6日 (金)

キンモクセイ


 このところ毎日雨降り模様で、新たなネタを仕入れることが出来ません。そこで些か旧聞にはなりますが、キンモクセイの花でも載せようかと思います。


_3_060925_1

キンモクセイの花(2006/09/25)



 上の写真はある大学の所有地(空き地)に植わっている木の枝を撮ったものですが、幹の直径は15cm位あり、キンモクセイとしては大木と言えるでしょう。

_0_060922_1

キンモクセイの花(拡大)(2006/09/22)



 キンモクセイの花は小さい花がゴチャゴチャと咲いていて、個々の花がどうなっているのか余り良く分かりません。しかし、拡大して見るとかなり分厚い花弁が4枚見えます。キンモクセイは実は中国からの移入種で雌雄異株、日本には雄株しか入っていないので、これらはみな雄花ということになります。


_1_060922

キンモクセイの花(拡大)(2006/09/22)

 キンモクセイの学名はOsmanthus fragransといいます。「香りの良い匂いのする花」という意味で、何か重複したような名前です。

 キンモクセイの花の香を好む人も多いようですが、私自身は匂いがキツ過ぎて好きではありません。同属のヒイラギの方が好みに合います。

 寒いのが何より苦手な私は、キンモクセイの花が咲くと、もう寒くなるのかと穴でも掘って冬眠の準備を始めなくてはいけない様な気がしてきます。

 どうもキンモクセイとは相性が宜しくないようです。


|

« カルガモ | トップページ | ホシホウジャク(幼虫と成虫) »

植物-1」カテゴリの記事

植物(木本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイ:

« カルガモ | トップページ | ホシホウジャク(幼虫と成虫) »