« ヨコジマオオハリバエ | トップページ | アメンボ »

2006年9月29日 (金)

チャ(茶)


 駅から北へ延びる所謂桜並木の尽きる辺りにチャを生け垣にしておられるお宅があり、チャの花がちらほらと咲いていました。


_cha0

チャの花.その1(2006/09/21)




_cha1

チャの花.その2(2006/09/21)



 チャはツバキ科ですから、花もツバキによく似ています。大きさはずっと小さいのですが、大きく写すと菊心のツバキみたいに見えます。

_cha2

チャの花.その3(2006/09/21)



 昔はもっと北に仙川の方へ行くと、チャを生け垣にした農家が沢山ありましたが、最近は余り見なくなりました。チャドクガのせいでしょうか?

 今年の秋はチャドクガが大発生していて、多くのサザンカやツバキが丸坊主になっています。しかし、このお宅の生け垣には、チャドクガの食痕は全くありませんでした。とてもよく管理されている様です。


|

« ヨコジマオオハリバエ | トップページ | アメンボ »

植物-1」カテゴリの記事

植物(木本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャ(茶):

« ヨコジマオオハリバエ | トップページ | アメンボ »