« ツマグロヒョウモンの幼虫 | トップページ | ハコベホオズキ »

2006年9月24日 (日)

カラスノゴマ


 Weblogを開設して10日も経ってしまいました。しばらく投稿しなかったのは、始めに昆虫を載せたので、次は出来るだけ植物を取り上げたいと思ったからです。

 16日は良い天気だったので、喜多見との境にある国分寺崖線の辺りに行ってみました。そこで今まで見たことのない妙な蔓植物を見つけたのですが、困ったことに、その植物の名前が分からない。

 沢山生えているので普通種だと思うのですが、植物というのは困ったもので、科名(Family name)が分からないとどうしようもない。未だに判明していません。



 そこで別の植物を載せることにしました。実はこれも知らなかった植物で、科が分からないので今日植物図鑑を先頭から1ページずつめくって、ようやく判明しました。




_0_1

カラスノゴマ(2006/09/23)



 カラスノゴマという草で高さは1m弱、成城大学の仙川沿いにある石垣の下に生えていました。シナノキ科に属すので、ツナソ(繊維植物のジュートやモロヘイヤ)に近い植物です。

 初めて見る植物だし、道端に生えているので、帰化植物かと思いましたが、在来種でした。




_1_1

カラスノゴマの花(2006/09/23)



 接写するとかなり綺麗な花ですが、直径2cm位だし、葉腋に1個ずつしか咲かないので、余り目立ちません。



_2_2

カラスノゴマの花.ルリマルノミハムシがしがみついていた

(2006/09/23)



 ハチやチョウはまるで来ていませんでしたが、ルリマルノミハムシが一匹花にしがみついていました。この虫は、花に集って食害する余りうれしくない虫です。名前の様に、触るとピョンと跳ねてから飛んで逃げます。

|

« ツマグロヒョウモンの幼虫 | トップページ | ハコベホオズキ »

植物-1」カテゴリの記事

植物(草本)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスノゴマ:

« ツマグロヒョウモンの幼虫 | トップページ | ハコベホオズキ »